「40万キロかなたの恋」1話ネタバレ感想!こじらせ宇宙飛行士の恋の行方は?

テレビ東京のドラマ24、特別編として千葉雄大主演の『40万キロかなたの恋』が放送!!
人間嫌いでめんどくさい性格の宇宙飛行士と宇宙船のAIと地球にいる元恋人との三角関係を描くSFチックなラブコメという、ドラマ24らしい斬新な設定で描かれる!
人間嫌いでめんどくさい性格の宇宙飛行士を千葉雄大、宇宙船のAIの声を吉岡里帆が担当、地球にいる元恋人を門脇麦が演じる。
3人が今度どう絡み、どんな風に成長していくのか。。。
今回は第1話のあらすじとネタバレをご紹介!!

『40万キロかなたの恋』のあらすじ

宇宙飛行士の高村宗一(千葉雄大さん)は人類が宇宙で快適に生活するためのサンプルデータを取るために宇宙船で長期滞在をしている。
元々、人間嫌いでめんどくさい性格の宗一は、今の宇宙船での生活はすこぶる快適でAIのユリ(声・吉岡里帆さん)との関係性も良好。宇宙で一人で生活することに大満足していた。
そんな中、地球から取材ディレクターの大学時代の恋人・鮎原咲子から取材を申し込まれる宗一。二人は、再会してすぐに言い合いを始めて最悪な状態に。
そして、宇宙船に緊急事態が起こったことをきっかけに、宗一とユリ、咲子との三角関係が勃発する!

『40万キロかなたの恋』第1話のネタバレあらすじ

宇宙での宗一とユリの生活

冒頭から宗一とユリが登場し、宇宙船の緊急事態に二人で対応!絶妙なコンビネーションで危機を脱することができる。
宗一は、とにかく理屈っぽく人間嫌い感を冒頭から醸し出していて、ユリには自然に話しかけたり笑いかけたりすることができるのに、相手が人間になると途端にこじらせてしまう。
緊急事態が起きているのにも関わらず、なかなか通信を繋ごうとしない辺りも、人間嫌い感がよく出ていた。
ユリは宗一をしっかりとフォローしながら、宗一がこれまで見せなかった面に驚いたりしている。

宗一と元恋人・鮎原咲子の再会

宗一と咲子は大学時代の恋人同士だった。取材そのものも乗り気ではなかった宗一は、取材ディレクターが咲子だと聞いてますますやる気を失い、取材を拒否する。
宗一は、咲子の質問事項をことごとく否定し、そこから言い合いを始めてしまい、宗一はつい口が滑って「宇宙飛行士を諦めて正解だ。」「自尊心の落とし所。」などとひどいことを言ってしまう。
咲子は、「全然変わってないね…。」と悲しそうに呟く。二人はこういった言い合いが元で別れたのだろう。
犬猿の仲の二人は結局言い合いをしたまま通信可能な時間を使い果たしてしまう。

宇宙船の緊急事態!

通信が一旦遮断された後、宗一はかつて咲子と撮影した写真を眺めていた。その宗一の表情はどこか寂しそうな様子。
宗一はまだ咲子に対して想いが残っているのかもしれない。
その様子を眺めていたユリは、うまくフォローできなかったことを宗一に謝るけれど、「ユリは何も悪くないよ。」と伝える。ユリにはこういった優しい言葉をかけられるのに、咲子には刺々しくなってしまう宗一。
そんな中、宇宙船に緊急事態宣言が発生!!冒頭の流星群衝突の回避の際に、部分的に衝突していた影響で、宇宙船内で爆発が起きていたのだ!
宗一は管制官とのやりとりで何とか対応しようするけれど、気を失ってしまう!その最中、宗一は咲子の背中に「待ってくれ…。」と呼びかけると、現実に咲子の声が聞こえてくる!
咲子に発破をかけられ、宗一はスタビライザーを起動しようと力を振り絞るが、その時、ユリのアップデートが終わり、ユリによってスタビライザーが起動され間一髪危機を脱することができた!

最後の宗一と咲子のメールのやりとり

危機を脱した宗一と咲子はやりとりする中で、「宗一の仕事を皆に知ってもらいたい。」と宗一に伝える。それを聞いた宗一は一方的に通信を遮断してしまうが、メールで取材を受けることを伝える。
宗一は咲子にひどい言葉を投げかけてしまったことを後悔してそれをメールで謝ろうとするけれど、先に咲子から『許してないから』と送られてきてしまい、また、理屈を並べてメールを送ってしまう。
咲子は、そのメールを眺めた後、空を見上げ、「めんどくさ。」と呟く。ただ、その表情は晴れやかだった。

『40万キロかなたの恋』見どころと感想

このドラマは、コロナ禍の中で究極のソーシャルディスタンスを保ったドラマとして制作されている。そのため、地球と宇宙、40万キロ離れた場所という設定で繰り広げられる人間関係が描かれているところが面白い。
主演の千葉雄大さんは基本的に一人でグリーンバックの中の撮影だったようだけど、門脇麦さんや吉岡里帆さんとの絡みの際はそれを全く感じさせない。
そして、主要の3人のキャラクターがまたすごくいい!特に千葉雄大さん演じる宗一のこじらせ男子っぷりは千葉雄大さんが演じるからこそ魅力的なキャラクターに仕上がっている。
門脇麦さん演じる咲子は元々の夢に破れてそれでも夢にしがみついていたい等身大の女性を自然体で演じていて、吉岡里帆さん演じるユリは今後宗一に対する想いに気づく中で苦悩する様子がありそうな雰囲気!
恋の三角関係が描かれるということなので、今後、この3人がどんな恋模様を見せてくれるのか、とても楽しみだよね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です