お煮しめは日持ちする?何日持つ?長持ちさせる保存方法は?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

日々の食事としてはもちろん

お正月やお盆などのおもてなし料理にもなるお煮しめ!

地域や季節で具材の変化もあって幅広い世代に愛されているTHE和食って感じだよね。

 

僕も大好き♪

特に寒くなると無性に食べたくなるよね。

 

『ついつい、たくさん作っちゃった!』って人も多いんじゃない?

正しい保存方法を知っておけば、今まで以上に美味しく食べられるかも?!

 

お煮しめの大変身アレンジレシピも合わせて勉強してみよう!

お煮しめは日持ちする?何日持つの?

 

お煮しめは冷蔵庫での保存で1~4日日持ちすると言われているよ!

夏場や湿気の多い季節は、特に持ちがよくないから注意してね。

 

僕は、もっと日持ちするものだと思っていたんだけど…そのくらいなんだね。

思ったよりも日持ちがしない原因として煮しめの作り方が重要になってくるよ!

その理由を教えていくね♪

日持ちをさせたい!そんな時の豆知識 【温度編】

みんなは煮しめを作るとき、味が染みるためにどんな工夫をしているかな?

 

“冷めていく過程で味が染みていくので、ゆっくり冷ますと味が染みやすい”

よく見聞きするポイントだよね!

 

でも実はこの工程が一番雑菌が増えやすいタイミングでもあるんだ!!

多くの雑菌は30~40℃が一番活動しやすい温度帯なんだって。

つまりこの温度帯をより短くすることが日持ちさせるためのポイントになるんだ。

 

見事に味を染みさせるポイントと被ってしまっているよね。

60℃以上、10℃以下では雑菌の繁殖はほとんどしないんだって。

 

つまり、人肌よりも少し熱いくらいの温度まではゆっくり冷ましていって味を染みさせる

そのあと氷煎などで手早く冷やすのが良いのかも♪

少し手間はかかるけど、日持ちを目的として作るときはやってみてね!

日持ちをさせたい!そんな時の豆知識 【味付け編】

お煮しめって味つけが濃いものも多いよね。僕は甘いお煮しめも好きなんだけど…

実はそこが日持ちさせるためのポイントなんだ!

 

昔は三が日に料理をしないために味を濃くすることで雑菌の繁殖を防いでいたんだって。

日持ちをさせたい!そんな時の豆知識 【火入れ編】

料理をする上で当たり前かもしれないんだけど、しっかりと火を通すことがポイント!

中心が生の状態の食べ物はそこから雑菌が繁殖していくよ。

菌を殺すうえで最も効果的な加熱をしっかりと行うことで日持ちさせよう。

 

残っているお煮しめを1日1回火入れをすることも、日持ちさせるうえで効果的だよ♪

お煮しめを日持ちさせるための保存方法は?

温度変化の少ない冷蔵庫で保存しよう!

できるだけ空気に触れないようにするのも大切。

ジップロックやラップを使って工夫してみよう。

実はお煮しめも冷凍保存が可能なんだ!

こんにゃくや豆腐など冷凍するのに不向きな食材もあるから注意してね。

冷凍にすると保存期間は約1ヶ月ほど。

冷蔵庫での保存時と同様、空気にできるだけ触れないようにしておこう。

 

冷凍した煮物は、冷蔵保存のものと比べて水っぽくなってしまいがち。

どうしても作りすぎてしまったときは参考にしてみてね!

お煮しめが余った時のアレンジレシピは?

余ってしまった、お煮しめをひと手間加えて美味しく頂こう!

僕のおすすめレシピを紹介するね。

おにぎりにしても美味しい!炊き込みご飯

  • お煮しめ        お好みの量
  • 米               2合
  • 醤油               40㏄
  • 酒                20㏄
  • みりん              20㏄
  • 出汁(水+顆粒出汁でも可)  320cc
  • 青菜

①お煮しめを小さく切る

②炊飯器に米と調味料、出汁そして①を加えて炊く

好みで調味料の加減を調整してみてね!

炊き込みご飯は『ちょっとしょっぱいかな?』ぐらいがちょうど良いよ。

③炊きあがったら、炒めた青菜を混ぜ込む

寒い日におすすめ!豆乳味噌グラタン

  • お煮しめ           適量
  • バター             50g
  • 小麦粉             50g
  • 豆乳             500cc
  • 味噌             適量
  • ピザ用とろけるチーズ     適量

①熱したフライパンにバターを入れ、小麦粉を弱火で炒める

②豆乳を加えていき、底が焦げないように混ぜながら火を通す

ここまでが豆乳ホワイトソース♪

今回はお煮しめの塩分や味噌があるから塩は入れないけど本来は塩コショウで味を調えてね!

③お煮しめを入れ、よく混ぜる

④味を見ながら味噌を加え、整えていく

⑤グラタン皿に移し、チーズをかけてオーブンで焼く

中まで火が通ってるからオーブントースターも大丈夫!チーズが焦げないようにね♪

お酒のおつまみにぴったり♪アレンジ∞春巻き

  • お煮しめ           適量
  • 春巻きの皮
  • 揚げ油

①お煮しめが大きいときは少し切っておく

大きいと春巻きの皮が破れやすいよ!

②春巻きの皮でお煮しめを巻いていく

お好みで大葉やチーズを一緒に巻いてアレンジしてみよう♪

③油で揚げる

少ない油で揚げ焼きにしてもOK!

 

以上が僕のおすすめアレンジレシピ!!ぜひ作ってみてね。

まとめ

お煮しめって僕が思っていたほど日持ちしないんだなぁ。

日持ちをさせるには、しっかりとした食材の管理が必要!

温度を気にしたり、味を気にしたり、しっかりと火を入れたり…

少し大変かもだけど、少しの手間でお煮しめをより美味しく食べ続けることができるよ。

 

食べきれなくて無駄にしてしまいそうなときは、

冷凍庫という文明の力を借りてみるのも手だよね。

素朴で馴染み深い料理だからこそ、アレンジの幅も無限大!

僕のアレンジレシピもぜひ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です