ボーナス支給後に退職を考えている人に必見!最適なスケジュールは?

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

就職後、すごく楽しみなことといえばボーナスだよね!

ボーナスで欲しかった物を買ったり、家族と旅行に行ったり、貯金などなど様々な使い方があるよね。

そんな中、あなたはボーナス支給後に退職をしようって考えてる?

確かにどうせ退職するならボーナス支給後に退職したほうがお得な感じだよね。

そこで今回は、ボーナス支給後に退職を考えている人たちのために、退職する最適なスケジュールなどを紹介していくよ!

 

ボーナス支給後に退職をするのに最適な流れは?

ボーナス支給後に退職する最適な流れを「夏のボーナス支給後に退職する場合」と「冬のボーナス支給後に退職する場合」の2パターンで紹介しよう。

夏のボーナス

2月:就職活動開始
5月:転職先が決定
6月:夏のボーナスの支給後の2週間後に退職届を提出する
7月:引き継ぎをする&退職する
8月:転職先に入社する

 

冬のボーナス

8月:就職活動開始
11月:転職先が決まる
12月:冬のボーナス支給後の2週間後に退職届を提出する
1月 :引き継ぎをする&退職する
2月:転職先に入社する

 

ボーナス支給後に退職してすぐに転職を考えているのなら、ボーナスが支給される4~5ヶ月くらい前から就職活動を開始して、ボーナスが支給されてから2週間後くらいに退職届を提出しよう!

ボーナスをもらってからスムーズに退職できるように引き継ぎの準備をしっかりとしておこう!

 

ボーナス支給後に退職をする注意点

ボーナス支給後に退職をする場合はいくつか注意してほしいことがあるんだ。

人間関係

まず最初に注意するのが人間関係。

ボーナス支給後に退職って悪い印象を持つ人もいるんだよね。

「ボーナスをもらってから退職するなんてずるい」と思われてしまったり、ひどい場合だと仲間外れにされたり、変な噂を立てられる場合もあるよ。

そういった職場での人間関係を気にする人は、何か言われたりしてもいいように覚悟しておくといいよ。

でも、一番いいのはほかの人に何か言われても気にしないことだね!

「どうせ辞める会社なんだから」と知らんぷりするのが自分も相手も傷つかないで退職することができるよ♪

 

繁忙期になる前に退職する

繁忙期に退職するのはやめよう!

大体の会社がボーナス支給後に繁忙期に入ってしまうよね。

そんな繁忙期に入ってしまうと退職しづらくなってしまうので、みんなの迷惑にならないためにも繁忙期に入ってしまう前に退職するようにしよう!

 

引き継ぎの準備をしておく

さっきも説明したけど、退職するなら会社や周りの人たちの迷惑にならないように引き継ぎの準備をしておこう!

ちなみに引継ぎの説明がわかりやすく書いてある資料などを用意しておくと、次にあなたの仕事を任された人がスムーズに仕事をすることができるよ♪

 

ボーナスが支給されるまで退職届を提出しない(退職することを他言しない)

ボーナスが支給されるまでは誰にも退職することは言わないで、退職届も提出しないようにしよう!

なぜかというと、会社によってはボーナスが支給される前に退職届を提出または退職することを伝えてしまうとボーナスが支給されない場合があるらしんだ。

※会社によっては退職届を提出または退職することを伝えてもボーナスが支給される場合もあるから事前に確認しておこう。

だから、ボーナスが支給されるまでは退職届を提出または誰にも言わないようにしよう!

また、退職することを誰かに教えちゃうとほかの人に退職することがバレてしまうかもしれないので、仲が良い人でもなるべく退職することは言わないようにしよう。

どうしても退職することを伝えたい人がいるときは、ほかの人にバレないように会社の外で伝えようね。

 

転職先のボーナスは諦めよう

「転職先でもボーナスが欲しいから、今の職場のボーナスをもらったらすぐに退職しちゃおう」と思っている人がいるかもしれないけれど、それは諦めたほうがいいね。

確かにほとんどの会社が6ヶ月務めた人にボーナスが支給される決まりになっているけど、ボーナス支給後すぐに退職っていうのは引き継ぎがあるから不可能なんだ。

もし、新しい職場にすぐに転職しても会社によっては、研修期間はボーナスが支給される期間に入らない場合があるよ。

なので、新しい職場でのボーナスはもらうことは諦めよう!

 

ボーナス支給後に退職をすると人間関係が悪化したり、繁忙期や引継ぎのことなどを注意しないといけないから少し大変だね。

だけど、退職してほかの人に迷惑にならないようにしっかりと自分の責任を果たしておこう!

 

ボーナス支給後に退職をするメリット・デメリット

ボーナス支給後に退職するメリット

ボーナス支給後に退職する一番のメリットといえば、やっぱりボーナスと退職金をもらって退職できることだよ!

ボーナスは退職金と全く関係のないものなので、ボーナスを支給されてから退職すると退職金がもらえないということはないよ。

なので、ボーナス支給後に退職するとボーナス&退職金を手に入れることができるんだ!

これなら次の就職先が決まっていなくても安心だね♪

そして、もう1つのメリットが繁忙期に働かなくていいことだよ!

さっきも説明したけど、ボーナス支給後は大体の会社が繁忙期に入るから、とっても忙しくなるんだよね。

だけど、ボーナス支給後に退職すれば繁忙期に働かなくていいから、繁忙期の忙しさから解放されるよ!

 

ボーナス支給後に退職するデメリット


ボーナス支給後に退職するデメリットは、周りの人からもらい逃げと思われてしまうかもしれないことだね。

どこの会社もそうとは限らないけど、人によっては「ボーナスをもらってすぐ退職するなんてずるい」とか、「もらい逃げだ」とか思われてしまうかもしれないね。

また、そのことで仲間外れにされたり、変な噂を立てられたりするかもしれないよ。

だけど、さっきも言ったようにどうせ退職する会社なんだから誰にどう思われようが気にしないようにしよう!

ボーナス支給後に退職する人は意外と結構いるから気にしなくて大丈夫だよ!

 

ボーナス支給後に退職するとボーナス&退職金が手に入るすっごいメリットがあるけど、もらい逃げと思われるかもしれないデメリットもあるから気をつけてね。

退職

まとめ

ボーナス支給後に退職するとボーナス&退職金がもらえちゃうから、ボーナス支給後に退職するのは働く人にとって最高のことなんだ!

ボーナス支給後に退職をしようと考えているなら、ボーナス支給の4~5ヶ月前に転職活動をしたり引き継ぎの準備をして、確実にボーナスをもらうためにも、ボーナスが支給されてから2週間後くらいに退職届を提出しよう。

ただ、ボーナス支給後に退職するとほかの人にもらい逃げと思われてしまう場合もあるよ。

でも、どうせ退職する会社だから気にしないようにしよう!

だけど、引継ぎなどの仕事は最後まで責任もってやり遂げようね。

みんなも退職をするんだったら、ボーナスが支給されてから退職しちゃおう♪

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!



会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です