映画ドクターデスの遺産のあらすじやキャスト紹介!結末予想と考察!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

作家・中村七里さんの著作、刑事・犬養隼人シリーズの第4作目である『ドクター・デスの遺産』が綾野剛くん、北川景子さん主演で映画化。ついに11/13に公開される!
この映画は、末期の病に苦しむ患者を安楽死させるドクター・デスと名乗る犯人を、綾野剛くん演じる刑事の犬養と北川景子さん演じる高千穂のバディーが追う内容となっている。
安楽死という非常に重いテーマを描いているが、この映画はまだ複数のキャストが明かされていないということもあって、とても楽しみ!今回は、映画『ドクター・デスの遺産−BLACK FILE−』をご紹介!!

『ドクター・デスの遺産−BLACK FILE−』のあらすじ

ある闇サイトで依頼を受けて、依頼者を安楽死させるドクター・デスと名乗る連続殺人犯。その事件が明るみに出たのは、警視庁の通信指令センターに入った1本の通報電話からだった。その電話は子どもからで「お父さんが悪い人に殺された。」というものだった。警視庁NO.1の検挙率を誇る捜査一課の刑事・犬養隼人(綾野剛)は、相棒の切れ者刑事・高千穂明日香(北川景子)とともに捜査を行うことに。
捜査を行ううちに、次々と類似した事件が起きていたことが分かり、この事件は連続殺人事件であることがわかる。
犬養と高千穂は、遺族に話を聞いていくが、遺族は、ドクター・デスにむしろ感謝しており、遺族の証言からは証拠がつかめない。亡くなった被害者は、いずれも重い病に長年苦しむなどしており、自ら、安楽死を求めていたからだった。

捜査を進めるうちに、犬養と高千穂は、ドクター・デスが連続殺人犯なのか、それとも救いの神だったのか分からなくなってくる。

ドクター・デスとは何者なのか。犬養と高千穂がたどり着く驚愕の事実とは!

ドクターデスの遺産の原作あらすじ・結末に関してはこちらをチェック!
映画ドクターデスの遺産原作のあらすじは?映画の結末の予想と考察!
映画ドクターデスの遺産原作のあらすじネタバレは?結末の予想と考察! 映画ドクターデスの遺産原作のあらすじネタバレは?結末の予想と考察!

『ドクター・デスの遺産−BLACK FILE−』のキャスト・スタッフ・主題歌

□監督 深川栄洋(映画『白夜行』『神様のカルテ』『トワイライトささらさや』他)

□脚本 川崎いづみ

□音楽 吉俣良

□主題歌 [Alexandros]『Beast』(UNIVERSAL J/RX-RECORDS)

『ドクター・デスの遺産−BLACK FILE−』のキャスト

□犬養隼人/綾野剛

警視庁NO.1の検挙率を誇る捜査一課の刑事。腎臓病で病床にある一人娘がいる。妻とは死別。破天荒な直感型で感情的な刑事。相棒は正反対な性格の高千穂明日香。

□高千穂明日香/北川景子

警視庁NO.1検挙率を誇る捜査一課の刑事で犬養のバディ。犬養とは正反対の冷静沈着で分析型の刑事。常に感情で動く犬養を観察し、常に冷静にサポートする。細身だが、酒好きの大食らい。

□沢田圭/岡田健史

犬養と高千穂の後輩刑事。

その他、前野朋哉、青山美郷、石黒賢が出演している。

なお、この映画はドクター・デス役を含め、まだ複数人の出演が明かされていないキャストがいる。

『ドクター・デスの遺産−BLACK FILE−』映画の結末予想と考察

この『ドクター・デスの遺産−BLACK FILE−』は同名の原作があり、原作では、ドクター・デスは元看護師の雛森というキャラクターが真犯人だった。
まずは、この原作通りの結末になるのかどうか、というところが気になるところだよね。綾野剛さんが現在宣伝活動を様々な番組でしているけど、映画にはまだ明かされていないキャストが複数いると語っている。
ということは、映画では結末が変わっていて、ドクター・デスが複数いる可能性もあるかもしれない。実際、原作でも、寺町という雛森の隠れ蓑となるキャラクターはいたしね。

この映画、というよりは原作が実際に実在した130人を安楽死させたジャック・ケヴォーキアンという医師及びそのケヴォーキアンが起こした安楽死事件に着想を得て作られている。
映画の中でも、この実際の事件がどのような形で描かれて、ストーリーに絡んでくるのかも注目して観たいところだよね。

そして、綾野剛くんと北川景子さんのバディーの二人もとても楽しみ!綾野剛くんは、9月まで放送していたTBS系のドラマ『MIU404』でも星野源くんとのバディーが話題になったばかり。
『ドクター・デスの遺産』は『MIU404』の前に撮影されているので、正式には北川景子さんとのバディーが先で奇しくも刑事役続き。
『MIU404』で演じた伊吹藍とは、また違ったタイプの刑事役ではあるが、直情径行というのは似ている部分かも。
北川景子さん演じる高千穂明日香とのバディーはどんな魅力があるか、今からとても楽しみだよね!
やはり、たまたまなのだろうけど、『MIU404』でも共演した岡田健史くんとの共演も個人的にはどんな関係性を見せてくれるのかが楽しみ!『MIU404』では岡田くん演じる九重はエリートで、最初は鼻持ちならない相手だったけど、回を追うごとに魅力的なキャラクターになっていった。
岡田くんは番宣やインタビューなどで、綾野剛くんのお芝居が大好きだ、と公言していて、そんな二人がどんな絡みを見せてくれるのか!

まだ明かされていないキャストが誰なのかもとても気になってる!綾野剛くんは複数のキャストがまだ明かされていないと言っていて、それが映画の中でどんな形で明かされていくのかが楽しみ!
例えば、原作だと、寺町と雛森という犯人のキャラクターがいるわけで、この2人を誰が演じるのかを想像するだけでもワクワクしてくるよね。
雛森は30代の女性の設定なので、30代くらいの役者さんだと誰が良いか、寺町は禿げ上がった頭というポイントがあるために演じる役者さんは限られてくるかも。。。など、今から妄想してしまう。

この映画は安楽死を扱っているため、非常に重い内容になることは間違いない。ただ、安楽死の問題は、実際にずっと議論され続けてきたことだ。
生と死は裏表。別々では議論できないことだよね。『生きる権利』があるということは本当に『死ぬ権利』があるべきなのかどうか。この映画を通して、生きることを改めて考えさせられることになるのではないかな。

この映画は、映画を観終わった後、それぞれの心の中にきっと何かが残る映画になるに違いないと思う。そして、ドキドキワクワクのエンタメ映画であることも間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です