干し柿の作り方!室内でも簡単に作れちゃう方法!

干し柿っていえばとっても柔らかくて甘くておいしいから、ついつい何個も食べてしまいたくなるよね。

そんな日本人なら誰もが馴染みのある干し柿をお家でも作ってみたいよね。

でも、干し柿ってお家で作ると柿にカビが生えてしまいそうだから、お家で作るのは難しそうだよね。

そんな「干し柿をお家でも作ってみたい!」って人たちのために、干し柿を室内でも簡単に失敗せずに作れる方法を紹介していくよ!

 

干し柿を簡単に作る手順

【干し柿を作る前に用意するもの】

  • 紐(ビニール紐など)
  • 包丁orピーラー

 

【干し柿を簡単に作る手順】

  1. 柿のヘタの部分を残して葉の部分を取り除く
  2. 柿の皮を包orピーラーでしっかりとむいていく
  3. 紐を60cm~70cmに切る
  4. 柿のヘタの部分に紐を結んでいく
    ※柿のヘタの部分に紐を結ぶときは両端で結んで1本の紐で2つの柿を結ぶ
  5. 鍋にお湯を沸かしておく
  6. お湯が沸いたら柿を5~10秒間、沸騰したお湯に浸ける
  7. お湯に浸けたら風通しが良い場所に柿同士、間隔を空けて干していく
  8. 1週間しっかりと柿の様子をみながら干す
  9. 1週間後、柿を柔らかくするために手で優しくゆっくりと揉んでいく
  10. 1週間毎日柿を揉む
  11. 柿を干してから2週間後、柿が丁度良い柔らかさになっていたら完成

 

干し柿を簡単に作る手順について、こちらの動画をみるともっとわかりやすいよ。

干し柿は柿を紐で結んで1週間放っておくだけでできちゃうので、とっても簡単に作れちゃうよ。

だけど、柿が雨に濡れてしまうとカビが生えちゃうから絶対に雨に濡れない場所に柿を干すようにしよう!

ちなみに柿を干すときに焼酎を霧吹きすると消毒になるので試してみてね♪

 

干し柿を室内で作るコツ

干し柿を室内で作るって聞くと「本当に室内でも失敗しないで作れるの?」、「風通しの良い場所ってどこがいいの?」、「衛生面は大丈夫?」などと疑問に思うことが多いと思うんだ。

そんな干し柿を室内で作るのに疑問がある人のために、干し柿を室内で作るコツを教えるね。

 

まず最初は、室内で干し柿を作るときは柿にカビが生えてしまわないように毎日必ずチェックしましょう!

もし、黒いカビが生えてしまっても初期段階であればまだ間に合うので、キッチンペーパーなどに焼酎を染み込ませて、カビの部分をこするときれいにカビがとれるよ。

でも、白いカビが生えてしまっているときはもう食べられないので、もったいないけど諦めましょう!

ちなみに白い粉が吹いている干し柿と白いカビが生えている干し柿を間違える人が多いんだけど、白いカビは柿から白い毛が生えているように見えるので、白い毛があるときは注意してね。

そして次に紹介するコツは、干し柿を作るときは干しすぎないようにすることだよ!

柿は干しすぎると黒く変色してしまったり、固くなりすぎてしまうから、毎日様子をみながら干しすぎないように気をつけましょう。

特に柿を干してから1週間~2週間は一番肝心な期間だから、きちんと柿の様子を観察してね。

干し柿は、2週間以内で完成もしくは2週間経ってもまだ完成しない場合があるので、干しすぎないようにしっかりと観察しようね。

 

干し柿のカビ防止と対策

干し柿を作るのに一番心配になるのがカビだよね。

室内は外に比べるとどうしても風通しが悪い環境になってしまうから、カビが生えやすくなってしまうんだ。

でも、あるものを使うと室内で柿を干してもカビが生えることなく干し柿が作れちゃうんだ。

あるものとは扇風機除湿器なんだ!

柿を干している間、扇風機と除湿器をつけておくことで、室内が風通しの良い環境になるからカビも生えにくくなるよ。

これなら風通しが良い場所がない家庭や風通しの良い場所がイマイチわからない人も安心だね♪

2週間も扇風機と除湿器をつけっぱなしにすると電気代が心配になるかもしれないけれど、おいしい干し柿を作るために必ず扇風機と除湿器を使おう!

柿を室内で干すとカビが生えやすいので、扇風機と除湿器を使って柿にカビが生えないようにしっかりと観察しようね。

 

干し柿を作る最適な時期は?

干し柿を作るのに最適な時期は11月中旬頃だよ!

柿は気温や湿度が高い状態で干してしまうとカビが生えてしまうだけでなく、腐ってしまう可能性が高いんだ。

そうならないようにするには気温が15℃以下で湿度が低い時期が干し柿を作るのに良い時期なんだ。

気温が15℃以下で湿度が低いという条件を満たしているのが11月中旬なんだ

だから干し柿を作るのに最適な時期は11月中旬ということなんだ。

ただし、気温が低すぎると柿にカビが生えてしまったり腐ってしまったりしてしまうので、雪が降っている日など気温が低すぎるときは干し柿を作るのはやめておこうね。

 

まとめ

干し柿は室内でもおいしく作ることができるだけでなく、作り方もとっても簡単なので料理が苦手な人でも気軽に作れちゃうよ。

だけど、どうしても室内で干し柿を作るとやっぱりカビが生えやすいから、扇風機と除湿器を使って風通しの良い環境にして、毎日しっかりと柿の様子を観察してね。

また、干し柿は気温や湿度が高い時期は失敗しやすい時期だから、気温や湿度が低い11月中旬頃が干し柿を作るのに最適な時期だよ。

みんなもおじいちゃんやおばちゃん、お子さんと一緒にお家で干し柿を作ってみてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です