ドライいちじくの効能は?栄養やカロリー・食べ方を大調査!

ドライいちじくって食べたことある?
最近カルディやコストコ、スーパー、コンビニとかでも目にする機会が増えて気になっていた人も多いのでは?
ただ、わざわざ“ドライ”いちじく?フレッシュと何が違うの?

そんな人のためにドライいちじくの栄養や効果、食べ方まで教えていくね!

ドライいちじくの栄養やカロリーは?

いちじくってものすごい栄養価があるのは知っているかな?
そして“ドライ”いちじくにすることのよって栄養が凝縮される。
ビタミンCは失われてしまうのだけど、それ以上に魅力的な栄養がたくさんあるんだ!

僕が注目したいのは大きく分けて3つ。

  • 便秘解消!ダイエットに効果的な「食物繊維とカリウム」
  • 抗がん作用が期待されている「ベストアルデヒド」
  • 美しさを保とう!女性が摂っておきたい栄養素「エストロゲン、鉄、カルシウム」
詳しいことは次に説明するね。
ただ共通していえることはドライいちじくにすることで栄養価が高くなったものばかり。

ダイエットに美容に健康に、これだけ魅力があるとたくさん食べたくなるけどそこは注意!
栄養と一緒にカロリーも高くなってしまうんだ。

いちじく50gあたりのカロリーが27kcalといわれているのに対し、ドライいちじくは146kcal。
およそ5倍のカロリーなんだ。
糖質も50gあたり6.2gに対しドライいちじくは33.7g

ドライいちじくって1つ7gくらいだし、1日に何十個も食べることはないと思うけど食べすぎは禁物!
1日3個までなどルールを決めて、ほどよくおいしく食べるのが良いよね。

ドライいちじくの効果!ここがすごい!

さっき紹介した3つの注目ポイントについて詳しく説明していくね。

便秘解消!ダイエット効果

ドライいちじくには水に溶ける水溶性、溶けにくい不水溶性の2種類の食物繊維が含まれているんだ。
体内の水分を含み粘着性の物質に変化する水溶性食物繊維と腸内の有害な物質を吸着し排出させてり、便のカサを増して排便を促す不水溶性食物繊維。
この2つの食物繊維のおかげでどんな便秘の種類にも効果があるといわれているんだって。

カリウムは体内の余分な塩分を排出させる働きがあるからむくみに効果的!
これから寒くなると体が冷えてむくみやすくなるし、結局的に摂っていきたい栄養素だよね。

抗がん作用に注目

いちじくの果汁から摘出されるベストアルデヒドは抗がん作用があるとして研究されているんだって。
がん細胞を麻痺させたり、がんの抑制に効果があるとして研究が続けられているいちじく。
注目したいよね!

女性の味方!摂っておきたい栄養素

非栄養素であるが注目したい成分である植物性エストロゲン。
大豆に含まれるイソフラボンとか聞いたことある人も多いんじゃない?
体内で分泌されるエストロゲンに似た構造を持ち、働きをすると期待されているんだ!

エストロゲンはホルモンバランスを整える役割を持ち、閉経前後の女性はエストロゲンの欠乏によってほてりや骨粗鬆症、疲れや気分のむらなどを引き起こすんだって。
食べ物からエストロゲンが摂取できるのはかなり魅力的だよね。

そして鉄は貧血予防、サプリメントで摂取している人も多いよね。女性で悩んでいる人って結構いると思うんだ。
カルシウムは骨粗鬆症や動脈硬化の予防。

すべてが立証されているわけだはないけど美味しくて高いということはわかってもらえたかな?
といっても!美味しく食べられなければ意味がないよね!

次はドライいちじくのおすすめの食べ方を紹介するよ。

美味しく食べよう!ドライいちじくのおすすめの食べ方

やっぱり定番のヨーグルト!そのまま刻んでヨーグルトに入れても触感があり美味しいけど

シロップ漬けにして少し柔らかくしてから入れてみては?
硬いドライいちじくが苦手な人にはおすすめ♪

水と砂糖を1:1(甘さを控えたい人は0.7)お鍋に入れて火にかけ溶かすだけ。
そのシロップにドライいちじくを漬け込んでね!一晩、二晩漬け込むごとに柔らかくなり一体感がでてくるよ。
漬け込んだシロップも美味しく食べたいなら無糖ヨーグルト!シロップで好みの甘さに調節してね。

大人の方はブランデーや赤ワインに漬け込んでみては?
お好きな銘柄にドライいちじくを漬け込むだけ。他のドライフルーツを一緒に漬け込んでみてもOK!
アルコールが苦手な方はお酒を火にかけアルコールを飛ばしてから作ってみて。
ヨーグルトと合わせれば大人なヨーグルト♪アイスにかけても美味しいよ。

チーズと生ハムと合わせればおしゃれなおつまみに。僕のおすすめはゴルゴンゾーラかクリームチーズかな。
お酒好きにはゴルゴンゾーラの癖といちじくの甘味、お酒の風味、生ハムの塩味!
カビ系チーズが苦手な方にはクリームチーズのさっぱりミルク感と合わせてフルーティーに!

冬におすすめなのはホットワイン!
漬け込んでいた赤ワインといちじくをそのまま温めてシナモン、レモン、お砂糖を少し加えれば寒い冬の味方ホットワインが簡単に。いちじくの香りと風味がたまらない一杯に。

ぜひ試してみてね!!

ドライいちじくの保存方法

ドライフルーツ全般にいえることなんだけど、湿気や温度変化には注意!
開封した瞬間から酸化は始まっていくから早めに食べるようにしてね。

余ってしまった分は密閉できる容器に入れて冷蔵庫へ。シリカゲルなどの乾燥材を一緒に入れておくとベスト!
冷蔵庫の手前側やドアポケットよりも奥のほうが開閉時の温度変化がなくておすすめだよ。

まとめ

生のいちじくよりも栄養価の高いドライいちじく。
でも食べすぎには注意!自分でルールを決めて美味しく栄養を摂取しよう!
そしてこれから解明されていくのであろうドライいちじくの効能にも注目。
将来スーパーフードの仲間入り⁈なんてこともあるかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です