ご祝儀袋を入れるふくさがない!結婚式前日でも対応できる方法

明日は結婚式にお呼ばれ♪ドレスとアクセサリーは準備万端!

 

ご祝儀もばっちり…?…『大変!ふくさ忘れてた!!』

 

安心して大丈夫!ふくさはハンカチで代用できるよ

でも、もちろんルールはあるんだ。ハレの日の失敗は何としても避けたいよね。

色や包み方、渡すとき手順などしっかり学んで準備をしていこう!

ご祝儀袋を入れるふくさがないときの代用品

ハンカチや小さな風呂敷で代用してみよう!

そもそも、ふくさが何のためにあるのか知ってる?

 

ご祝儀などのお金はもちろん、大切なものや贈り物をきれいに持ち運ぶためのなんだ。

カバンの中にそのまま入れると汚れちゃうもんね。

ご祝儀袋は水引がついているし、最近は凝ったデザインのものも多いから包んでいったほうが良いよね。

 

受け取る相手側から見ても『大切に扱ってもらえてるんだなぁ』って嬉しくなるし、

わたす側の『大切に扱っていますよ』という思いやりの気持ちでもあるんだ。

絶対になくちゃいけないものでもないけれど、用意するほうがより丁寧だよね

ご祝儀袋を包むハンカチは何色がいい?

お祝い事は暖色系で

結婚式はお祝い事。ハレの日にふさわしい華やかな暖色系の色味を選ぼう。

  • 赤・ピンク系
  • 黄色・オレンジ系
  • 赤みがかった色
  • ベージュ  などがおすすめ!

結婚式なら白でも大丈夫だよ。

柄にも気を使ってみよう

結婚式は柄が入っていても問題ないよ。柄ありのふくさも多いよね。

鶴や松竹梅などの縁起物はもちろん華やかな花柄なんかもおすすめ!

 

でも、弔事を連想させる菊や蓮、縁起の悪い花とされている椿はNG。

キャラクターものやポップすぎる柄も避けておこう。

 

ふくさとして使うハンカチはきれいにアイロンがけをして、シワのないようにしたものを使おう。

華やかな飾りのついたヘアゴムや紐があれば崩れないためにも着けても大丈夫!

最近は、水引がちょっとしたブームになっているおかげで“水引アレンジゴム”も売っているよね。

一つ持っておくと便利なのかも。見た目も可愛くておしゃれだね♪

ご祝儀袋をハンカチで包む方法

ハンカチの用意ができたら実際に包んでいこう!

不器用な僕にもできたくらい簡単だから安心してね。

ご祝儀袋をハンカチで包む方法をイラストで説明

 

 

  1. ハンカチをひし形に広げ、ご祝儀袋の右側とハンカチの中心が重なるように置く
  2. 左側の布を中に折り込む
  3. 上の布を中に折り込む
  4. 下の布を中に折り込む
  5. 左から右に折っていく ※右開きになることを意識して!
  6. ヘアゴムや紐があるひとは上面を意識して留めよう

ご祝儀袋をハンカチで包む方法を動画で説明

包むときに気を付けて!絶対にやってはいけないこと

一番注意しなくてはいけないのは逆向きに包まないこと!

逆向きに包むと弔事用になちゃうよ。絶対にあってはいけないよね。

ご祝儀袋を渡すときのマナーは?

受付についてから、ふくさごとご祝儀をカバンから出し

お祝いの言葉を述べてから渡すのがマナー。

 

手順としては…

  1. バッグからふくさごとご祝儀をとりだす
  2. 受付でお祝いの言葉を述べる
  3. 受付の方の目の前でふくさを右開きにあけ、ご祝儀袋をとりだす
  4. ふくさを台にするようにご祝儀袋を上に置く
  5. ふくさごと時計回りに回転させ、相手から見て正面になるようにし必ず両手でわたす ※逆回転は弔事なので注意

参考動画:https://youtu.be/3WPl-aV0Aig

 

芳名帳の記入をするタイミングや

並んでいる時ににふくさからご祝儀をとり出しておくなど考え方は様々。

 

緊張して『どうしよう。やり方忘れちゃった!』とか

『前の人と勉強してきたやり方が違う?!』ってときあるよね。

僕もその経験者。すごい焦っちゃった。

 

ただそういう時こそ落ち着いて、スムーズかつスマートに行うことが一番大事!

僕みたいにならないように、しっかり手順をマスターしよう。

まとめ

結婚式前日に『ふくさ忘れてた!』なんて緊急事態のときはハンカチを使って乗り切ろう。

ふくさ本来の目的、用途を考えて一番ふさわしいハンカチを選んで準備をしてね。

 

一番気を付けなければいけないことは

包むとき、わたすときの“右から”ルール!

『お祝いは右から』を合言葉に結婚式を楽しんでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です