ハケンの品格(2020)第4話ネタバレあらすじ!井出のトラブルでまたしてもピンチ!

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

篠原涼子さん主演。13年ぶりの復活で話題を呼んでいる「ハケンの品格」。

第4話の今回は、先週に引き続きコネ入社の新人・井手がまたもやトラブルを引き起こします。やる気なし、社会人失格の彼に春子はどう対処するのか?

そして、春子の宿命のライバルであるあの男も登場!ますます目が離せない展開に!

ハケンの品格(2020)前回(第3話)振り返り


新入社員井手が会社内で撮影した動画に、不適切なもの(冷凍庫に上半身を突っ込んでいる男)が映っていた。

男の名は牟田、先日社食をクビになっていた。

動画は大炎上し、会社にもクレームが来る始末。

一方、一般開放を予定していた社食の名物カレーが急激に不味くなるという事態が。

カレーの味を復活させ、一般開放することで会社の落ちたイメージを上げようと考えた里中は春子に以前のカレーの味を再現するようお願いする。

試行錯誤する春子だったが、どうしてもあと一歩届かない。

実はそのカレーはバイトの牟田が自ら材料を調達し、3時間玉ねぎを炒めるという努力のもとにできていた。

だがしかし牟田はクビに。

動画の件も、ただ冷凍庫を掃除していただけだった。

春子は社長たちに「あなたたちがクビにしたんです」と言うのであった。
ハケンの品格(2020)第3話ネタバレあらすじ!春子でも再現できないカレー秘密とは?

ハケンの品格(2020)第4話あらすじ

自宅のごみを会社に捨てるな!

会社のごみ箱を開けていろいろと放り込む井出(杉野遥亮)。

なんと彼は自分の家で出たごみを会社で捨てていたのだ。

あきれる小夏(山本舞香)と亜紀(吉谷彩子)。

春子(篠原涼子)は彼が捨てた包丁を持って「これは燃えるゴミではありません!会社はあなたの家ではありません」と注意する。

だが宇野(塚地武雅)に「新入社員の教育は社員の仕事。派遣が口を出すな」と言われてしまう。

井手は、S&F社との最重要取引先「テイスト・オブ・ライフ」創業者の女社長・美香(キムラ緑子)の三男であるため贔屓にされていたのだ。

同一労働、同一賃金だけど…

初めての給与明細を見て愕然とする小夏。

初任給は93,514円だったのだ。

派遣も社員と同じ金額をもらえると思っていた彼女のショックは大きかった。

「派遣って人生ハードモードすぎ…」そう言いながら開けた弁当箱の中身はスッカスカ。

「小夏ちゃんそれだけ?」と亜紀に心配される。

案の定、小夏は栄養失調で倒れてしまう。

そばにいた春子は彼女を自宅に招き、パエリアをごちそうする。

自分の待遇を嘆く千夏に春子は「同一労働同一労働なんて幻想。ハケンは行き倒れたらそれでおしまい。ちゃんと栄養を取りなさい」と投げかけた。

新入社員、初めての営業へ

井手と三田(中村海斗)は初めての営業の日を迎える。

三田はさっそく1件契約を成立させるが、一方の井出は営業先のスーパーへ向かったはいいが何かに怒っている店長の姿にビビッてしまい退散。

結局会社の屋上でさぼってしまう。結局その日何も結果を出せなかった井出だが、宇野たちは強く言えないため「頑張った!」などと必死にフォローする。

トラブル発生!

その翌日、ある問題が発覚する。

井出と三田は昨日、配ってはいけない回収品(原材料の表示がされていない商品。知らずに食べた消費者にアレルギーの被害が起こる可能性がある)のサンプルを持って、営業に回ってしまっていたのだ。

そのサンプルの用意を頼まれていたのは、小夏と亜紀の2人でそれが分かった途端声を荒げる宇野。

だが、本当は井出が冷蔵倉庫の整理をサボっていたことが原因だった。

さすがに罪悪感を感じた井出は、姿を消してしまう。

大ピンチ!停電で冷蔵倉庫に閉じ込められる

なんと、その日、井手の母・美香がS&Fに現れたのだ。

社長の宮部(伊東四朗)、里中(小泉孝太郎)、東海林(大泉洋)とネットビジネスの打ち合わせをする為だ。

なんと、終了後に息子の働いている姿を見学したいという。

井手が行方不明との知らせを受けた里中は東海林に時間稼ぎをしてほしいと頼む。

持ち前のトーク力で何とか場をつなごうとする東海林。

一方春子は領収書を回収するために井出を探し、発見する。

彼がいたのは冷蔵倉庫であった。。トラブの責任を感じて回収品の整理をしていたのだった。

「僕会社辞めます」と言う井出。

すると突然落雷で停電が起きる。

春子は慌てて入り口の認証システムを操作するが、停電の影響でエラーに。

「私としたことが…閉じ込められました」と言う春子。

井手の本音

極寒の冷蔵倉庫の中で「寒い…」と震える春子に、井出は自分の服を差し出す。

「なんで僕が会社を辞めたいのか気にならないんですか?」と聞く井手に「興味ないですが話したければどうぞ」と言う春子。

「会社の飲み会や人間関係なんてめんどくさい。自分のスキルが活かされる場所で働きたい。ここにいるとスケールがせまい人間になりそう。広い世界で羽ばたきたい」と言う井出。

春子は「ここを出られたら自由に羽ばたいてください」と言うのであった。

そして春子は井手にほうきで扉をたたくよう指示。

「待っていたらそのうち助けが来るんじゃないですか」と言う井手に「一刻も早く脱出しないと風邪をひく。派遣は仕事を休めない。甘やかされた社員とは違う」とバッサリ。

扉をたたく音に警備員が気づき、2人は無事脱出できた。

井手の改心、そしてついにあの男が…

東海林の引き延ばし作戦もむなしく、宮部と美香は営業企画課へ来てしまった。

だが、ちょうど井手と春子が戻ってきていてなんとかセーフ。

そして、井手はサンプルの件は小夏たちの責任じゃない、自分のせいですと謝罪をする。

その変わりように驚く一同。

そしてなんと「大前さんのようなスーパーハケンになりたい」と言い出した。

そんな彼に春子は「正社員も満足に務まらないヘタレにハケンは務まりません。ですが、あなたはみどころのあるヘタレです」と言うのであった。

その様子を見ていた宮部は慌てて美香に謝罪をするが、美香は「息子を厳しく指導してやってください」とほほ笑むのであった。

次の日、なんと東海林が営業企画課の課長として本社に戻ってきたのだった…!

ハケンの品格(2020)第3話感想


今回は面白かった。

先週のカレーの話がひどかったせいでもあるけど(笑)

あと、比較的ハケン差別シーンが少なかったのも良かった。

同一労働、同一賃金のシーンは胸が痛かったけど。

さて。今回のキーパーソンは井手君。

どうしようもないダメダメ社員だけど、飲み会がめんどくさかったり、人間関係がめんどくさい、っていうのはちょっと分かる気がする。

僕も宇野みたいな上司がいたら絶対精神病むと思うし(笑)

共感できるけど共感できない意不思議なキャラクター…。

そんな彼だけど今回は優しい一面も見られて少し見直した。

最終話、彼がどれだけ成長してるか楽しみだね。

そしていよいよ、あの東海林さんが営業企画課に!

5話以降はあのとっくりとくるくるパーマの壮絶なやり取りがますますヒートアップしそうで、めちゃくちゃ楽しみ!

多少ストーリーがザツでも、この2人のシーンがあるだけで全然楽しめる( ´∀` )

それではまた来週(@^^)/~~~

ハケンの品格(2020)の見逃し配信はここから見れます!

\2週間以内に解約で料金は一切かかりません!/

Huluの詳しい説明はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です