ハケンの品格(2020)第7話ネタバレあらすじ!里中の告白と次回最終回の衝撃

ハケンの品格(2020)第7話ネタバレあらすじ!いよいよ残すところあと2話となり、ますます目が離せない展開に!

なんと、あの東海林(大泉洋)がリストラ候補に…。

戦友の危機を前に、里中(小泉孝太郎)は立ち上がる!そして、予想もできないラストが…!

ハケンの品格(2020)第6話のあらすじ


社内のコストカッターに任命された東海林。

彼は最近業績が落ちている隅田フーズの契約を切るよう里中に言う。

だが、日本の伝統を大事にした「まごころ弁当」を作る隅田フーズを大切に思っていた里中は反発。

1週間で大幅に売り上げが伸びれば契約解除はなしにするということに。

春子は天気が弁当のう売り上げを左右するとしり、毎日的確な気象情報を知らせることに(春子は気象予報士の資格を持っている)。

順調に売り上げを伸ばしていた隅田フーズであったが、上層部からの指示で契約解除されてしまう。

しかしその後、外資系の大企業がテレワーク用の弁当を発注するため、直接隅田フーズと契約。

S&Fが逃した魚は大きかった…。
前回の記事はこちら「ハケンの品格(2020)第6話ネタバレあらすじ!長野博が弁当屋社長!?

ハケンの品格(2020)第7話あらすじ

何としてもリストラを回避したい…運命の企画

AIが打ち出した社員のリストラ候補に東海林(大泉洋)の名前があったことにショックを隠せない里中(小泉孝太郎)は、まだ本人には言えずにいた。

そんな中、社長の宮部(伊東四朗)は、里中にある提案をする。

かつて里中が企画した、S&F直営のコンビニエンスストアを作るという計画。

当初は勝算の見込みが少ないと却下したが、AIが発達し顧客のニーズがつかみやすくなった今なら十分勝ち目はあると言う宮部。

そして、この企画が成功し業績が大幅アップすればリストラは無しにするという。

「死にもの狂いでやります」里中は答えた。

春子のアイデア

コンビニ成功のために、営業企画課のメンバーとアイデアを出し合う里中。

すでに飽和状態であるコンビニ業界、いかに差別化を図るか頭を悩ませる。

里中はハケンの女子社員たちにも積極的に意見を求める。

春子(篠原涼子)は「ベビーカーを子供連れの人や、働く忙しいママにも優しいお店」というアイデアを提案。

小夏(山本舞香)、亜紀(吉谷彩子)らは、基本買い物はスーパーで済ませるが、買い忘れがあったり、食事の用意が面倒くさいときはコンビニの弁当を購入することがある…と普段の行動を語る。

「子育て世代に向けた、スーパーの補助的な役割のコンビニ」というコンセプトに固まっていく。

明るみに出た秘密

営業企画課にハケンライフの近(上地雄輔)がやってくる。

里中から出勤データをもらいに来たというが、本人はコンビニ企画の件で外出しており不在。

東海林は「パソコンに入ってるんじゃない?」と勝手に里中のパソコンを触る。

「大丈夫なんですか?」と焦る近に「俺とケンちゃんの仲だから」と笑う東海林。

案の定パスワードを変更していなかったため簡単にログインできた。

そこで東海林は、リストラ候補者が書かれたリストを見てしまう。

自分の名前がそこにあり、言葉を失う東海林。

周りにいた社員たちも集まりだしパニック状態に。

このプロジェクトが成功したら里中が取締役に昇進するというメールもあり、社員たちは不信感を高め、「ほかにも秘密があるのではないか」と勝手に里中の机をあれこれと探る。

東海林 VS 里中

夜。会社に戻った里中は、里中の椅子にもたれた東海林と対面する。

東海林は里中を攻め立てる。

「会社の為に頑張ってきたのに、捨てられるのは一瞬だな」と漏らす。

そんな東海林に「あきらめないでよ!」と里中。

「コンビニのプロジェクトを成功させて、リストラを回避させる。失敗したら自分も会社を辞める」

そう言う里中に「2人でクビになってどうする!俺たちを踏み台にしてのしあがれ!」と東海林。

「ケンちゃんは自分を押さえつけすぎ、もっと自分勝手に生きろ。なりふり構わず勝て」とげきを飛ばすのだった。

パイロット店が完成!しかしとんでもないトラブルが…

春子の手助けのおかげもあり、着々と「S&F市場」のパイロット店舗が出来上がっていく。

プレオープンの日には大勢のマスコミも駆けつける。

そして、プレオープンの前日、リストラの件でやる気をすっかり失い、投げやりに気味の社員たち。

準備のための段ボールを放置し、勝手に帰ろうとしてしまう。

浅野(勝地涼)が止めようと説得していると、突然火が…。

なんと社員が投げ捨てた段ボールに電気の配線が引火してしまったのだ。

パニックになる現場。

春子はそそくさと消火器を取りに行き、消火にあたる。

幸い、全焼は免れたものの、悲惨な状態となり、翌日のプレオープンに間に合わせるのは不可能な状況だった。

里中は「諦めずに準備をしよう」とみんなに呼びかけるが、リストラ候補の社員たちは帰宅してしまう。

『1級左官技能士』の大前春子

会社に戻ってきた社員たち。

東海林は彼らから火事の件を聞かされる。

「いい気味だ」などと漏らす彼らに、東海林は憤慨。里中は俺たちのために頑張っている。

こういうときこそ協力しあうのがチームではないのか!

東海林の言葉で心を動かされた社員たち。

明日のプレオープンに向けて、商品の手配などやれることを行い始める。

一方コンビニの現場。

何とか間に合わせようと頑張るが、絶望的…。

そんな時、1台のトラックが現れる。

中から出てきたのは、屈強そうな男たちと春子だった。

『1級左官技能士』の資格を持つ春子が、仲間を集めてくれたのだ。

彼らの手助けと井手や小夏たちの頑張りで、翌朝なんとか無事に店舗が完成。

安堵する里中たちなのであった。

衝撃の展開へ

無事「S&F市場」プレオープンの日を迎える。

オープニングセレモニーで里中がスピーチをする。

そこで彼は衝撃的な発言をする。

「このプロジェクトが皆様にご賛同いただけたら、私は仲間と共にこのS&F本社から独立します。出資者の皆さんとは、変わらぬご支援のほどを、何卒宜しくお願い致します」

その発言に周囲は大慌て。

「自分が何を言っているのかわかってるのか」と憤る宮部。

会社で中継を見ていた東海林は「ダメだダメだ!」と慌てて里中のもとへ向かう。

「自分勝手に生きろって言ったのは東海林さんだよ」と言う里中に、「限度ってものがある」とあきれる東海林。

すると突然里中は、そばにいた春子に

「僕の為にアジフライを作ってくれませんか」
「一生同じ方向を見て歩いていきたいんです」
「公私ともに僕のパートナーになってください」

と告白をする…。

その発言に驚きを隠せない東海林、春子…。

ハケンの品格(2020)第7話の感想


まさかの急展開!(;゚Д゚)

突然の独立宣言にプロポーズ。

賢ちゃん、いきなり爆弾投下しすぎでしょ!(笑)

さすがにこれにはあの大前春子さんも驚きの表情を隠せないみたい…。

いったいどうなっちゃうの!?

そしていよいよ来週は最終回。

もう終わっちゃうのか~。

8話で終了は早すぎる…( ノД`)

絶対コロナの影響での短縮だよね。

テレ朝のBGも7話で終わっちゃうし。

明らかに前期より質は落ちてるし、突っ込みどころも満載だったけど週の真ん中で気軽に楽しく見れるドラマだったから、このような形で短縮して終わっちゃうのはとても残念。

出演者のスケジュールとか、いろいろ事情があるんだろうけど、そこまでして無理に一斉スタートに調整する必要あるのかな?😞

脚本、終盤にきて無理に展開を詰め込みすぎててちょっと不自然だったし…(本当は10話までやるつもりだったんだろうなぁ)。

何はともあれ、最後の最後まで楽しみたいと思います!!(`・ω・´)b

これで終わっちゃうのは正直物足りないから、ぜひともスペシャル版、もしくは第3弾をやってほしいね!( ´∀` )

ちなみに次の水曜ドラマは横浜流星さん、浜辺美波さん主演「私たちはどううかしている」。

8月12日スタートです。こちらも楽しみだね!

ハケンの品格(2020)の見逃し配信はここから見れます!

\2週間以内に解約で料金は一切かかりません!/

Huluの詳しい説明はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です