ハロウィンのゲーム!英語を学ばせたい幼児にピッタリなのは?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

さて、秋といえばハロウィン!

街中でもハロウィンの飾りが多くなってきたね♪

そうした飾りにテンションが上がりながら、幼児を育てている親御さんにとって、何かハロウィンと結びつけて楽しく英語を学ばせられたらなぁと考えている方もいるのでは?

今回はそんな親御さんのために、とっておきのゲームを紹介するよ♪

子供と一緒に身体を使って、楽しく英語を学びながら、ぜひやってみてね!

英語で楽しく身につけよう!身体のパーツの名前head,shoulders,knee and toes

英語は耳から聞いて楽しく学ぶのが1番!

多少の発音の違いなどは気にしなくてもok!
[prpsay img=”https://shiba-life.com/wp-content/uploads/2019/11/黒しばさん3.png” name=”しば犬”]もっと言ってしまえば、きれいな英語などは存在せず、地域によってはなまりなどもある位[/prpsay] 最近のTOEICなどでは、アメリカやイギリス以外の国の人がしゃべる英語もわざわざリスニングとして取り入れている位、いろいろな地域の英語があって良いと考えられているよ。

日本語も地域によってってあるよね。

だから、きれいな完璧な英語を話そうとするのではなく、自分の言いたいことが伝わればいいな位の気持ちで始めるといいよ♪

ましてや幼児なので、
[prpsay img=”https://shiba-life.com/wp-content/uploads/2020/10/006649.smpl_.jpg” name=””]英語って面白いなぁ、日本語とは言い方が違うんだな[/prpsay] 位の気持ちでも全く問題なし!

楽しく学習するためには、英語教室などを見るとゲームやチャンツ(音やリズムに合わせて英単語を繰り返す方法のこと)を取り入れているところが圧倒的に多いんだ。

最近では中学校でも、こんなふうにゲームやチャンツを取れているところも多いよ♪

また小学校でスタートしている英語教育も、外国人先生がこうしたゲームやチャンツを多く知っていて、子供たちを楽しませながら学ぼうとするところが多く見られるね♪

ゲームの例として、今回はhead,shoulders,knee and toesをやってみよう!

どんなゲーム?head,shoulders,knee and toesの音に合わせて
headなら頭
shoulders,なら肩
knee ならひざ
toesならつま先
っていう風に手を順番に置いていくというゲーム

youtubeで動画も見つけたから観てみてね♪

これは有名だから、あなたも聞いたことがあるかも。

あなたと幼児でゲームをするんだったら、
あなたが「head」と言ったら、親子の頭に手を置いて、「shoulders」と言ったら子供の肩に手を置いて…みたいな練習から入って歌につなげると言うのもいいね♪

あなたとどちらが素早く子供の頭や肩の上に手を置けるか勝負してみるのも盛り上がりそう♪

また、テンポを早めてみるのも子供は大好き!

ポイントは最初にも言った通り、楽しくやることが何よりなので♪

この続きとしてeyes,earsmouse and noseもあるので、同じように

Eyesなら目
Earsなら耳
Mouseなら口
Noseなら鼻

各顔のパーツに指を当ててみよう。

ただし、さっきの肩や膝に比べてパーツが細かいので、夢中になりすぎて怪我しないように注意!

楽しく明るく繰り返していれば、子供はもっとやりたい、楽しいと言う気持ちになってくるので、そしたらこっちのもの♪

みんなで楽しく!アンコールも続出!ジャックオランタンで福笑い!

さて、顔のパーツと英単語が大体一致できてきたら、いよいよ次はハロウィンにちなんだゲームにチャレンジしてみよう!

ハロウィンと言えば、かぼちゃ!

そこで、今回はジャックオランタンで福笑いにチャレンジ!!
これでハロウィン気分も盛り上がること間違いなし!!

用意するもの・画用紙など大きめの紙
(あればオレンジ色だとなお良し!
ジャックオランタンのかぼちゃの形にするとハロウィンっぽさが出るよ♪
絵が苦手だと言う人は、ネットにある画像を拡大して印刷するのももちろんok!)・別の紙で目(2つ)、耳(2つ)、鼻、口を作る

子供と一緒に作ると、さらに盛り上がりそう♪

どれも色を塗ってもいいね(^ ^)

遊び方

STEP.1
「〜,Please.」を使った言い方を練習する
例えば、鼻が欲しかったら「mouse,please.」など。

この時、渡す時に「here you are.」と言って渡したり、
更に受け取るときに「thank you!」などと言ったりすると、
英語でのやり取りの練習にもなるのでおすすめ♪

うまく言えなくてもok!
楽しんでやることが大事なので♪

STEP.2
親子など2人組のペアになり、福笑いの顔を並べる役とパーツを渡す役に分かれる。
パーツを渡す役は2人以上でもOK!
STEP.3
並べる役は、目隠しをして、欲しいものを「〜,Please.」をつけて言う
目隠しをするときに「close your eyes.」と言いながら目隠しをすると子供の耳に触れる英語も増えるよ!
STEP.4
渡す役は「here you are.」と言って1つずつ渡す
渡す役の人はヒントを出してもok!
「up,up!」「down,down!」など英語で伝えるとなお良し♪
STEP.5
並べる役は、目隠しをしたままの状態で1つずつパーツを置いておく
STEP.6
③〜⑤を繰り返す
STEP.7
渡すパーツがなくなったら、並べる役は目隠しを取り顔を確認する

聞いている英語と実際の動きが一致すると、子供は英語がわからなくても何となく意味がわかることがあるので、こうした簡単な英語もさりげなく取り入れるのはオススメ♪

まとめ

今回はハロウィンにちなんで、head,shoulders,knee and toesそして、それを使ったジャックオランタンで福笑いを紹介したよ♪

子供は身体を使ったゲームが大好き!

ぜひ、ハロウィンを満喫しながら、たくさん口ずさんで、英語を楽しんでね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です