「蛇にピアス」映画のネタバレ!あらすじと衝撃のラスト結末を解説!

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

2008年に公開された映画「蛇にピアス」。

この映画って公開当時は過激な濡れ場やバイオレンスシーンなどで結構話題になったんだよね。

金原ひとみが芥川賞を受賞した同名小説が原作の映画で、痛みを感じることでしか生を実感できない少女を吉高由里子が演じているよ。

他にも藤原竜也や唐沢寿明、高良健吾などいっぱい大物俳優たちが勢ぞろい!

ただ、この映画「蛇にピアス」はラストが衝撃的だって言われていてね。

今回は「蛇にピアス」のネタバレあらすじやストーリー内容をご紹介!分かりづらいという衝撃ラストシーンの意味を解説していくよ。

 

ここから登録で2週間無料で体験できる!

今すぐHuluで視聴する
2週間以内に解約で料金は一切かかりません。

「蛇にピアス」の作品紹介

<公開>2008年
<監督>蜷川幸雄
<脚本>宮脇卓也/蜷川幸雄
【キャスト】
ルイ(吉高由里子)19歳で日々、登録制のアルバイトをしていてそこでは人当たりのいい自分を演じているよう。スプリットタンに興味を持ちその後どんどん身体改造に興味を持っていくようになる。アマと付き合うがシバとも関係を持ってしまう。本名は中沢ルイ。
アマ (高良健吾)シバの後輩でもあり友人でもある。ルイの彼氏になる。ルイの言う事は絶対条件で古着屋でアルバイトをしている。赤髪のモヒカン頭。スプリットタンに耳や眉尻や下唇の下になど15個のピアスがあり、腕や左肩から背中にかけて龍のタトゥーが入っている。本名は雨田和則。
シバ (井浦新)アマの先輩でもあり友人でもある。身体改造の店Desireのオーナーで彫り師でもありスキンヘッドに顔中にピアスがある。身体や後頭部にもタトゥーがある。サディスティックで独占欲も激しく所有欲もある。人の形を変えれるのは神だけに与えられた権利という持論からスプリットタンにはしていない。本名は柴田キヅキ。

 

「蛇にピアス」のあらすじ

主人公のルイ(吉高由里子)がある日アマ(高良健吾)と出会うことから始まるんだよね。

アマってスプリット・タン顔中にピアスをしたり、腕に派手な刺青をしたり身体改造をしまくってるんだけどさ。

スプリット・タンって何??スプリット・タンは蛇のように舌に二股の切れ目を入れることだよ。

ルイはそんなアマに惹かれてピアスやタトゥー、身体改造に興味が出てくるんだ。

だけど、アマに紹介されたシバともいい感じになっちゃってさ。

ある日ある事件をきっかけに3人の運命は思ってもいなかった展開になっていくんだ。

[prpsay img=”https://shiba-life.com/wp-content/uploads/2020/04/しば犬様:③清書4.png” name=”しば犬”]ちょっとおしゃれな感じの身体改造映画かと思って観てみたら思いもよらぬ展開で度肝を抜かれちゃったよ![/prpsay]

「蛇にピアス」のあらすじをネタバレ込みで詳しく!

ルイは、ある日赤いモヒカンに顔中にピアスがあって蛇みたいに舌先がふたつに割れたスプリットタンの持ち主のアマと出会うんだけどね。

自分とは違う世界に住んでいるように見えるアマにどんどん惹かれていって2人は付き合うことに。

付き合っていく内にルイはスプリットタンに憧れて、アマに彫師のシバの店を紹介してもらい、舌にピアスを開けてもらったんだけどさ。

その時感じた痛み、ピアスを拡張していく過程に恍惚を感じるルイは次第に人体改造へとのめり込んでいっちゃんだよ。

シバの店を紹介してもらった数日後、ルイはアマに友人のマキを紹介し3人で呑みに行くことに。

その帰り道で暴力団員の2人組にからまれ、キレたアマは2人に殴りかかって1人は逃げるんだけど逃げ遅れた1人を殴り倒しちゃってさ。

しかも、殴り倒した男の歯を2本「ルイの敵をとった、これは俺の愛の証」とその歯をルイに渡すんだよ。

[prpsay img=”https://shiba-life.com/wp-content/uploads/2018/02/5.png” name=”しば犬”]僕的には…そんな愛の証は怖いけどね…[/prpsay]

アマやシバを見ていて、自分も刺青をしたいなって気持ちが強くなってきたアマは、シバに刺青を入れてほしいって依頼することに。

画竜点睛のことわざにしたがい「キリンと龍が飛んでいかないように」という願いを込めて、ルイはシバに2匹の瞳を入れないでおいて欲しいと頼むんだよ。

そして刺青の代償としてシバはルイに体を求めて、2人は刺青を入れていくたびに体を重ねるようになっちゃうんだ。

[prpsay img=”https://shiba-life.com/wp-content/uploads/2020/03/黒しばさん6.png” name=”しば犬”]ルイはアマと付き合ってるのにシバともいい感じになっていって三角関係みたいになっちゃうんだよね[/prpsay]

アマからもシバからも愛されてるルイだけどある日アマが何者かに殺されてしまうんだよ。

その遺体は見るも無残で爪がはがされていたり、身体には煙草を押し付けられていた痕が残っていたり、さらに陰部にはお香が刺されていたんだ。

だいぶショッキングな映像だったよ。

死因は窒息死ってなってるけどまだ生きている時に相当激しい暴行を受けていたみたいでね、こんなにも痛めつけて殺した相手は誰なのかも気になるけど映画内では犯人は明かされてないんだよね。

けど殺されたアマの陰部に刺さっていたお香がどうやら国産じゃなく海外でしか手に入らないものらしくシバが持っていたことからもアマを殺したのはシバだと推察出来るんだ。

でもどうしてシバがアマを殺したのか、殺すまでに至った理由は推測は出来るんだけど本当の理由はわからないままでね。

アマの死後、ルイはアマからもらった歯を砕き飲み込み舌の拡張もやめ背中の麒麟と龍のタトゥーに目を入れるんだよ。

今までアマとシバに甘えてばかりだったけどこれでルイの独り立ちを表してるみたいなんだ。

原作ではこの後ルイは“シバがアマを殺すわけがない”と自分に言い聞かしてシバと生きていく道を選んだのかなとわかるんだけど映画では交差点の真ん中でルイがうずくまっているシーンで終わっていて原作とは違ったおもしろい終わり方だと思ったよ。

「蛇にピアス」の見どころ

歯を砕いて飲み込むシーン

ルイとマキに絡んできた暴力団員を殴った時にアマが抜いたものでアマの死を受けルイはその2本を砕いて飲み込むんだけど、初め見た時はものすごい衝撃だったよ。

他人の奥歯をポーチに入れていただけでも驚きだけどまさかそれを自分の体内に取り込むなんてね。

濡れ場

吉高由里子は初主演の映画だけどフルヌードでの絡みのシーンが結構あるんだけどね。

すごくセクシーだったしノーマルからSMセまで、途中アマとシバのBLを示唆するようなシーンもあったりですごいドキドキしちゃった。

アマの死

バイトに出たまま連絡も取れず帰って来ないアマを心配したルイは捜索願を出そうとするんだけどさ。

アマのことを何も知らないことに気付いてシバのところに行って、シバに協力してもらって捜索願をだすんだ。

数日後、警察から遺体の身元確認をしてほしいと電話がかかってきちゃってさ。

ルイとシバは急いで身元確認に行くんだけど、首には紐のような物で絞められた痕や無数の暴行された痕。

それに、煙草を押し付けられた痕、陰部にはお香が刺さった状態で発見されたアマの遺体があったんだよね。

それを見たルイは泣き出してしまうんだ。

あまり長くはないいんだけどここからルイの変化やシバのことへのラストにつながっていくんだ。

「蛇にピアス」の感想

僕はこの映画にあんまり興味はなかったんだけど仲の良い友人からオススメされて見てみたんだけどね。

再生してすぐに音が途切れたから「あれ?壊れたのかな?」って感じに思ったんだけど実は違ってて。

“主人公がイヤホンで耳を塞いでいたから”っていう演出で、表現の仕方が面白いって思ったのが初めの印象。

そこからすぐに絡みシーンがあったり舌ピアスを開けるシーンがあったり、タトゥーを入れていくシーンだったり、色や撮る角度にも惹かれるものがあったんだよね。

アマの死を受けシバと生きていくことにしたルイの心や悲しさ、痛み、快楽、謎、色んな感情や出演者の表情がすごく魅力的で見れば見るほど深みにハマっていくんだー。

僕的にはこの映画はピアスやタトゥーがすごいんだけどタトゥーはどんな感じで映像にしたかって分かるんだけどピアスはどうやってるんだろう、、、と思ったよ。

顔中にピアスがしてあるし舌のピアスを開ける、それを拡張していく、とかさアマのスプリットタンなんか本当にしている人にしか見えなかったんだ!

本当にやってるわけないとは思うんだけどもはや真実が分からないくらいにリアルだったよ。

今まで何回もDVDや配信サイトで見てるんだけど何度見てもまた見たくなる作品の一つだね。

「蛇にピアス」はこんなあなたにオススメ!

僕がこの映画をオススメするならやっぱりピアスやタトゥーに興味を持っている人かなぁ。

しいて言うなら僕はおもしろい作品だと思ったけど万人受けするような感じではないかも。

世界観が独特っていうのかな、理解するにも一度見ただけじゃわからないかもね。

何度も見ているうちに“このシーンはこうゆう風にも捉えられるかも”って思ったくらいだもん。

でもこの先の将来に不安を感じている学生とか自分の生きている世界に絶望感、孤独感、虚無感をもっていると自覚している人にも見てほしいな。

勉強になるというより同じ悩みを持っている主人公に共感出来て作品の世界にも入り込みやすいんじゃないかと思うんだ。

実際に自分の身近にも起こっている、起こりそうな作品の世界観をたのしんでみてもらいたいと思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です