『スマホを落としただけなのに〜囚われの殺人鬼〜』ネタバレ感想と考察!!

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

2018年に公開され大ヒットした『スマホを落としただけなのに』。

満を持して、その続編『スマホを落としただけなのに〜囚われの殺人鬼〜』が2020年2月21日公開された!

今回は千葉雄大主演となり、ヒロインに白石麻衣を迎え、前回に引き続き成田凌も登場し、刑事の加賀谷と殺人鬼・浦野との究極の心理戦が展開される!!

スマホを落としたことで起きる恐怖は、今回も健在!!身近な恐怖の中での人間ドラマ、新たなキャラクターなど魅力満載!!

今回は、その『スマホを落としただけなのに〜囚われの殺人鬼〜』のネタバレ感想と考察をお届け!

『スマホを落としただけなのに〜囚われの殺人鬼〜』の作品紹介

引用元 Yahoo!映画 https://movies.yahoo.co.jp/movie/367875/

公開日2020年2月21日
監督中田秀夫(リング、仄暗い水の底から)
脚本大石哲也(デスノート)
原作志駕晃『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(宝島社文庫)
主題歌King Gnu 『どろん』(ソニー・ミュージックレーベルズ)


created by Rinker

『スマホを落としただけなのに〜囚われの殺人鬼〜』の登場人物

加賀谷学(千葉雄大)前作では神奈川県警足柄警察署の刑事として連続婦女猟奇殺人事件を追い、殺人鬼・浦野を逮捕した。
今作は、神奈川県警に異動し、サイバー犯罪を専門に扱う部署へ異動。
刑事になる前はIT関連会社で働いていて、そのノウハウをいかんなく発揮し、恋人が巻き込まれた新たな事件を追いながら、自らの過去とも向き合うことになる。
松田美乃里(白石麻衣)刑事の加賀谷の恋人で今作のヒロイン。
加賀谷とは付き合い始めて3年経っており、加賀谷のことを大切に想っているが、二人の将来について煮え切らない態度の加賀谷に常に苛立ちが…。
以前、加賀谷が勤めていたIT関連会社に勤務していて、ある日突然、何者かにスマホを通して狙われるようになる。
浦野善治(成田凌)連続猟奇殺人事件の犯人。前作では、田中圭演じる富田誠が落としたスマホを通して、富田の恋人で北川景子演じる稲葉麻美に近づき恐怖に陥れた。
麻美と富田を殺害しようとしたギリギリのところで加賀谷が逮捕。
加賀谷と共通のトラウマを抱えており、そのために加賀谷に執着している。

『スマホを落としただけなのに〜囚われの殺人鬼〜』のあらすじ


前作『スマホを落としただけなのに』で、殺人鬼・浦野によって恐怖に陥れられた富田と麻美だったが、このたび、めでたく結婚。

[prpsay img=”https://shiba-life.com/wp-content/uploads/2018/02/1-1.png” name=”しば犬”]ちなみに、前作の『スマホを落としただけなのに』関してはこちらで解説しているよ!
『スマホを落としただけなのに(映画)』ネタバレ感想と考察!![/prpsay]

二人を救った加賀谷は結婚式に招待され、恋人の美乃里と一緒に参加する。

麻美から「次はお二人ですね。」と言われた加賀谷はどこか煮え切らない態度。

その様子に美乃里はイライラしてしまう。

結婚式からの帰り道、美乃里は加賀谷に結婚を迫るも加賀谷は返事を濁してしまい…。

美乃里はそんな加賀谷の態度に悲しくなり『別れよう。』と言って、その場から去ってしまう。

カフェで美乃里は先ほどの加賀谷への言葉を後悔して泣く。

美乃里は加賀谷のことを本当に大切に想っているのだ。

呼び出した友達と話し、少し元気になった美乃里はカフェのフリーWi-Fiに繋いで日課のふくろう動画を観始めるが、それが美乃里を恐怖に陥れる全ての始まりだった!!

美乃里のスマホは何者かに操られるようになってしまい、美乃里の私生活をのぞき見されるようになってしまった!!

次から次へと起こる不可解な出来事に美乃里は恐怖を感じ、加賀谷に相談。

加賀谷は加賀谷で、新たに起こった殺人事件を追っており、その殺人事件にネット犯罪に精通した『M』という存在が絡んでいることが分かり、ついに囚われの殺人鬼である浦野と対峙!

そして不本意ながら浦野と手を組み殺人事件を追っていくことに…。

ここからはネタバレ注意!!

『M』とは何者なのか…。

浦野とともに『M』を追う加賀谷だったが、それは同時に自分の過去の痛みとも向き合うことになってしまう。

加賀谷は浦野と同様に幼い頃母親に虐待を受けたというトラウマがあり、それを乗り越えられずにいたのだ。

そのトラウマから加賀谷も美乃里を大切に想っているのに結婚することを恐れている。

美乃里のスマホは『M』によって操られていることが分かり、県警は美乃里に協力を要請。

加賀谷は反対だったが美乃里は加賀谷のために受け入れる。

そんな中、加賀谷と浦野はついに『M』の正体に辿り着く!!

本物の『M』は実は浦野によって殺害されており、『M』を名乗っている人物は、加賀谷が以前勤めていたIT会社の社長・笹岡一(鈴木拡樹さん)だったのだ!!

笹岡は半グレの根岸(音尾琢真さん)を操り、美乃里を拉致させ、暴行を加えさせようとする!!

そこに間一髪で加賀谷が間に合い美乃里を救い出すも謎の男・兵藤彰(井浦新さん)に銃口を向けられた一瞬の隙をつかれて根岸に刺されてしまった…。

後日、兵藤は、加賀谷が入院している病院へ訪れ、本庁のサイバーセキュリティ専門の捜査官であることを話し、本庁のデータベースに侵入した人物を追っていたことを話す。

その侵入した人物は実は加賀谷で、警察官だった父の死の真相を探っていたのだ。

それは、母親がなぜ自分を虐待したのかに繋がることでもあったから…。

退院した加賀谷は『M』を名乗って殺人事件を操っていた笹岡の取り調べを行い、笹岡が自分を愛していたことを知るが、その愛を加賀谷は受け入れなかった。

加賀谷は改めて美乃里を大切に想っていることを美乃里に伝え、美乃里とともに母親に向き合うことを決める。

『スマホを落としただけなのに〜囚われの殺人鬼〜』の見どころ

1.前作の繋がりから始まる物語

今作『囚われの殺人鬼』は、きちんと前作と繋がっているというところから始まるのがいいよね!

それは前作のラストで一緒に生きることを決めた富田と麻美がどうなったのか、前作からのファンは気になっていたと思うし、それがまず回収されたことが良かった!

幸せになれた二人の姿が観られたことは嬉しかったな。。。

あんなに辛い思いをした二人だからこそ、幸せになって欲しいって思っていたからね!

2.北川景子さんからのバトンを受け取った千葉雄大さん

今作は、前作で脇役だった千葉雄大さん演じる加賀谷が主役。

雄大さんは、完成披露試写会などで、「北川さんから受け継いだバトン」であると話して、主演としての責任感を追っていたんだよね!

その責任を背負って公開前にはたくさんの番宣もこなした甲斐あってコロナ禍の中で一旦上映が中止となるものの、緊急事態宣言明けに再びロングラン上映!

雄大さんの努力の賜物だよね!

3.白石麻衣さんの体当たり演技とエンドロール後の加賀谷と美乃里の出会い

ヒロインである白石麻衣さんは前半ヒロインらしいシーンが多く、目新しい演技はなかったんだけど、クライマックスの音尾さん演じる根岸に車の中で襲われるシーンは服を破かれて肌が露わになるシーンがあり、未だ現役のアイドルである白石さんの根性がうかがえるシーンだった!

このシーンを観た人は分かると思うけど、観ていてもキツいシーンだったよね…。

そのシーンをしっかり演じきった白石さんの役者魂に脱帽!乃木坂46を卒業した後、本格的に女優として活躍して欲しいっ!

そして、エンドロール後の加賀谷と美乃里の出会いのシーンも良かった…。

今作は「スマホ、落としてないじゃん…」と思った人、結構いたと思うけど、実は今作はスマホを落として加賀谷と美乃里が出会うというのが表題に繋がってくるというわけ。

粋な演出だったよね!

『スマホを落としただけなのに〜囚われの殺人鬼〜』の感想

北川景子さんからのバトンを受け取る形で千葉雄大さん主演で描かれた今作。

前作で、浦野と加賀谷は虐待を受けた子どもであることは薄々分かっていたけれど、今作でそれがはっきりして二人の明暗が分かれた。

僕が思うに、浦野は産まれる前から母親に疎まれていたけど、加賀谷は警察官だった父親の死によって心を病んだ母親に虐待を受けている…ここに二人の違いがあると思うんだ。

加賀谷は、元々はこの世に産まれてくることを望まれていたし、母親に愛されていた。

不幸にも、心を病んだ母親から虐待を受けてしまったけど、それまでに母親に愛された体験が加賀谷の道を外さないよう守っていたんだと思う。

前作でも、こういった人間模様は深く描かれていたけど、今作も浦野と加賀谷のトラウマと人間模様を描きつつ、加賀谷と美乃里のラブストーリーもしっかりと描いていくのだから秀逸!!それ以外にも、笹岡の加賀谷への歪んだ愛や浦野が逃走する時の恐怖シーンなど見どころも満載!

ロングラン上映中なので、また観に行ける機会があれば行きたいなあ。

『スマホを落としただけなのに〜囚われの殺人鬼〜』をオススメしたい人

これは、もう千葉雄大さん、白石麻衣さん、成田凌さんのファンはぜひ観に行って欲しい!

三者三様の素晴らしい演技が観られる!

また、前作の続編なので、前作のファンも素直に楽しめると思う!

そして、今作は、加賀谷と浦野が手を組むという禁断のバディものであり、脇役の鈴木拡樹さんや井浦新さんなど魅力的なキャラクターが増えているので、そういったキャラクターたちがどのように絡み合って結末に辿り着いていくのか、という推理サスペンスの要素も堪能できる!

そういった推理サスペンスがお好きな人にもぜひ観て欲しい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です