晩夏とはいつ頃?いつの時期?意味と季語としての使い方を紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

日本には季節を表す言葉が色々とあるよね。

その一つ一つに意味があり、風習がある。

 

その中でも今回は“晩夏”について説明していくよ!

 

みんなは晩夏についてどのくらい知っているのかな?

知っている人も新しい発見があるかも?!

晩夏とはいつ頃?いつの時期?

ずばり、夏の終わり

現在では8月末から9月初旬といわれているよ。

 

現在は?どういう事?

実は広辞苑にはこう書かれているんだ。

陰暦6月とは水無月のこと。2020年の場合7月21日~8月18日だよ。

陰暦では4月~6月が夏とされていたため、夏の終わり=陰暦6月ってことなんだ。

 

陰暦(旧暦)は月の満ち欠けで日を数えているため、

現在の太陽の動きで日を数える太陽暦(新暦)との誤差から日にちのズレが生じてしまうんだ。

だから現在では8月末から9月初旬を夏の終わりとし、晩夏と言われているよ

 

晩夏”いう言葉は陰暦での季節を表した言葉

現在の新暦に基づいて出来た言葉ではないから、明確に『この〇月〇日~〇月〇日』と言えないんだね。

晩夏に意味は?

先ほど紹介した水無月のことで、夏の終わりを意味するよ

ちなみに水無月を表す言葉は“晩夏”以外にも色々あるんだ。

  1. 晩夏 …夏の晩(最後の月)
  2. 季夏 …夏の季(季節の終わりを意味する)
  3. 水張月…田んぼに水を引く月だった為。田に『水を張る』から。
  4. 鳴雷月…雷の多い月だった為。                          etc

 

夏の最後か。。。

なんだか寂しいような、切ないような気もしてくるね。

 

ユーミンこと荒井由実(松任谷由美)さんは、晩夏をひとりの季節と表し歌っているよ♪

切なさが身に染みる~。良かったら聞いてみてね!

晩夏の風習や行事は?

現在の晩夏と言われている8月後半~9月までの行事や風習を見てみよう!

お盆

8月13日~16日

ご先祖様の霊を供養する行事だね。

 

13日の迎え火でお迎えし、16日の送り火で送り出す。

この期間はお墓参りに行ったり

お供え物やお花を用意し、提灯やろうそくの灯りを絶やさないようにするなど

みんなも色々と経験があるんじゃないかな?

 

地域によってはお祭りごとなんかもあったりするよね。

京都の『五山送り火』は僕も何回か見たことがあるよ。

観光客ですごく賑わう京都の夏の風物詩だよね。

残暑見舞い

夏のご挨拶として贈り物やはがきを送ること。

ちなみに暑中見舞いとの違いって知ってる?

 

暑中見舞いは、本来は夏の土用の時期に合わせて出すものなんだけど

最近では梅雨明け~立秋前日までが多いみたい。

 

残暑見舞い立秋~8月末に送るもの。

立秋は基本的に8月7日だよ。年によっては8日になったりもするんだ。

 

最近では送る人はそんなに多くはないんじゃないかな?

でも、晩夏の風習として知っておきたいよね。

終戦記念日

8月15日

昭和20年(1945年)に第二次世界大戦が終わりを迎えたことを記念する日だよ。

晩夏の挨拶は?

先ほど紹介した残暑見舞。

季節を感じる言葉などを使い、相手の安否や、自身の近況などを報告しよう!

夏の年賀状のようなものだね。

 

基本的な構成はこんな感じだよ。

  1. 季節の挨拶
  2. 時候の挨拶・安否を尋ねる挨拶
  3. 近況報告
  4. 結びの挨拶

 

相手との間柄や季節の移り変わりによって文章が変わってくるとよ。

ぜひ参考にしてみてね! ⇒ 手紙の書き方大事典

季語としての晩夏

俳句などに使われる季語として

晩夏とは小暑~立秋前日の期間とされているよ。

7月7日前後から8月7日あたりまでだね。

晩夏を表す季語はたくさんあるから調べてみてね!⇒きごさい歳時記

まとめ

晩夏とは夏の終わりを表す季節の言葉なんだね。

 

明確な時期が定められていない部分もあるけど、理由はわかってもらえたんじゃないかな?

挨拶としての晩夏。俳句などの季語としての晩夏。

少しづつ時期に差があるように僕は感じたよ。気を付けて使わないと!

 

 

最近は地球温暖化の影響で9月末になっても夏のような日が多くなっているよね。

半袖で過ごせる期間も増えたなぁ。

今後の気候の変化で晩夏の時期が変わってくる可能性があるかもね!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です