年賀状が3日に届くのはいつ出したとき?元旦に届くにはどうすればいい?

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

年賀状が元旦じゃなくて3日に届くことがあるよね。

いままで「何か法則とかってあるのかな?」って疑問に思ったことがあるんじゃないかな?

僕の知り合いの郵便局員さんに聞いたお話をもとに、年賀状が3日に届くのはいつ出したときか、元旦に届くにはどうしたらいいかを教えるよ!

年賀状が3日に届くのはいつ出したとき?

年賀状が3日に届くのは、元旦到着の確約日である12月25日を過ぎた、26日から28日に出されたものの可能性が高いんだ。

これより遅れて12月29日以降になると、1月3日、もしくはそれ以降になる可能性が高まるよ。
[prpsay img=”https://shiba-life.com/wp-content/uploads/2020/03/黒しばさん6.png” name=”しば犬”]これにはちゃんと理由があってね[/prpsay] 毎年年賀状を出す時期になると「12月15日から25日までに出すように」と郵便局の窓口やテレビCMで言っているよね。

この、12月25日というのが、年賀状を元旦に届けられると確約されている日なんだ。

元旦までだいぶ日にちがあるけど、どうしてこんな早くに締め切るの?と疑問に思うかもしれないけれど、全国の年賀状は膨大な数あって、機械と人の手を使って一軒一軒の年賀状を分けているからなんだよね。

ITが発達した今でも人の手?って思ったかもしれないけれど、それぞれの家に配達しやすいように分けたり、機械では判断できない文字で書かれていたりするとき内容を判断するのに人の手が必要になるんだって。

もちろん、普段の郵便物もあるうえに年賀状もあるから、普段のスペースより多くの作業スペースが必要となることも時間がかかる理由のひとつらしいよ。
[prpsay img=”https://shiba-life.com/wp-content/uploads/2019/11/007377.smpl_.jpg” name=””]昔は1月2日も配達されてたような?[/prpsay] そんな鋭い人がいるかもしれないから一応触れておくと、2005年から2016年までは1月2日も配達されていたんだ。

だけど、2017年からは中止されているよ。

理由は年賀状の通数のピークを過ぎたこと、経費圧縮・労働環境の改善のためで、混乱は少ないと判断したからなんだって。

年賀状を元旦に届けるには?

じゃぁ元旦に届けるにはどうしたらいいか、っていうと、公式である通り「12月25日までに出す」ってことなんだ。

知り合いの郵便局員さんの話では、現場の努力で28日に郵便局に届いたものも元旦に届くようにしている、って言ってたけどね。

でも配達地域が県内だとか、郵便番号や住所がきちんと書かれている場合なんだって。

郵便番号を漢数字(一、二、三……)で書かれていたり、筆で書かれていたりすると、機械で読み取れずに手作業になって遅くなってしまう可能性があるって話だったよ。

聞いた時にびっくりしたけど、郵便番号のあの四角の中に漢数字で書く人がいるって驚き!

毎年一定数いるらしい……

僕は漢数字で書くって発想がなかったからびっくりしたよ。

みんなは、漢数字じゃなくて算用数字(1、2、3……)で書いてるよね?
[prpsay img=”https://shiba-life.com/wp-content/uploads/2018/02/1-1.png” name=”しば犬”]もし、おじいちゃんが書いてた!とかって場合には、さりげなく教えてあげてね![/prpsay] 元旦に年賀状が届くようにするために、郵便局の人たちは、すごく頑張ってくれてたんだね!

「現場の努力で元旦に届くようにしている」っていう話はありがたいことだけど、やはり確実とは言えないから、どうしても元旦に届けたい場合には早めに出すのが一番。

どうしても元旦に届けたい!という場合は?

その方法は、「速達」と「配達日指定」だよ。

少しお金がかかるけど、「速達」は通常の郵便物より優先して届けてもらうもので、郵便物の上部に赤い線が引かれたり、速達のスタンプが押されるよ。

「配達日指定」は差出日の翌々日から数えて10日以内の日を指定して配達してくれるサービスで、宛名面に配達日指定の日にちが書かれたシールが貼られるよ。

どちらも郵便局で受け付けたときの消印が押されるから、ぎりぎりになって出したことが知られて気にする間柄だったら避けた方がよさそうだね。

年賀状を元旦に出したらいつ届くの?

もし、年賀状を出すのが遅れて年が明けてしまったり、元旦に届いた年賀状の返事を元旦に出す場合はどうなるのか?っていうのも気になるよね。

元旦にポストに投函した場合、4日以降に配達される可能性が高いよ。

窓口は開いていなくても、ポストの回収は毎日されていて、配達の準備は毎日郵便局の中でされているから安心してね。

それから、3日の配達は年内に郵便局に届いた年賀状を主に配達しているから、年が明けてから届いたものは4日以降配達になるんだ。

もちろん、遠い地域に送る場合、通常の配達日数プラス数日かかる可能性があるから、4日に配達されない可能性もあるよ。

遠方だと雪や渋滞で交通が乱れたりして、宛先近くの郵便局に届くまでに日数が余計にかかってしまうこともあるんだ。

遠いところに住む相手には特に、早めに出すのがおすすめだね。
[prpsay img=”https://shiba-life.com/wp-content/uploads/2019/11/黒しばさん4.png” name=”しば犬”]年賀状を安く大量に準備するならネット注文がおすすめだよ![/prpsay] 年賀状は一年に一度の大事なご挨拶。せっかくなら、気に入ったデザインの年賀状を送りたいよね!

最近では、デザイナーと直接契約をしている印刷屋さんもあってそういった年賀状屋さんの年賀状は他とは一味違う。

デザインが良い上に価格も安いネット印刷屋さんが最近増えているよ。

そんな印刷屋さんの中でも「ネットスクウェア」さんはダントツの人気!

他社にはないオリジナル性の高いデザインの年賀状を多数用意していて、人気の高い写真入り年賀状デザインは150種類そろえている。

仕上がりの品質が「業務用レザー印刷」「プレミアム写真印刷(写真画質印刷)」「プレミアム写真印刷(光沢印刷)」の3種類から選ぶことが可能だよ。

デザインのテンプレートは1,000種類以上。

  • イラスト年賀状を安く作りたい
  • 宛名印刷もお任せしたい
  • スマホやパソコンで簡単に仕上げたい
  • たくさんのデザインから選びたい
[prpsay img=”https://shiba-life.com/wp-content/uploads/2019/11/黒しばさん3.png” name=”しば犬”]スマートフォンでの使いやすさもアップしたので、良いデザインの年賀状を安い料金で作りたいあなたには是非チェックしてほしい![/prpsay]

⇒価格・仕上がりともに納得の「ネットスクウェア」はこちら!
年賀3

まとめ

郵便局のホームページでは、「こちらが年賀状を出していない相手から年賀状が届いた場合には、松の内(1月1日~1月7日)までに投函すれば失礼ではありません。」と書かれているから、あまり神経質にならなくても大丈夫かもしれないね。

ちなみに、1月8日以降に投函されたものは消印が付くよ。

届いた日を気にするような間柄なら、早めに準備をして、12月15日から12月25日までに投函するのが一番だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です