湘南オリーブフェスタ2020へのアクセスは?イベントに予約は必要?

「湘南の風吹くオリーブ園で収穫体験 神奈川県二宮町」
あさイチ 10月20日火曜日 8時15分~9時55分

秋の収穫の時期を迎え、神奈川県中郡二宮町にある「湘南オリーブの里」ではイベントが開催されます。
「湘南オリーブフェスタ2020」11月17日(火)~23日(月・祝) 10時~15時

湘南オリーブフェスタ2020へのアクセス

最寄駅 JR東海道線 二宮駅から徒歩で約30分
お車  小田原厚木道路 二宮インター
西湘バイパス 二宮インター
東名高速 秦野中井インター
カーナビで「川匂神社(かわわじんじゃ)」と入力するとスムーズに出てくるようです。
川匂神社駐車場向かいに湘南オリーブの里の看板があります。
駐車スペースは案内があるので、併設のショップ「Cornu Copiae(コンヌーコピアイ)」まで行く必要があるようです。

湘南オリーブフェスタ2020のイベントプログラム

~オリーブの枝を使ってハーバリウムを作ってみよう~
17(火) 18(水) 20(金) 21(土)
10:30~12:00 13:00~14:30
各日二回開催されますが、イベント参加申込フォームかメールで事前予約が必要で、有料となっています。
ハーバリウム1700円、同時開催のミラーリース3200円は、席数に限りがあるため申し込みの際、ミラーリース希望と明記する必要があります。

~オリーブ盆栽展、オリーブ染め作品展、オリーブ写真展~
終日開催され、予約もいりません。

~二宮オリーブ2020試食販売会~
新油の試食販売会、オリーブの葉でお茶作り体験ができます。
お茶作り体験は、21(火)、23(月・祝)の二日間で、予約はいりませんが参加費1000円が必要です。

湘南オリーブフェスタ2020イベントを楽しむには?
今年のオリーブフェスタは、オリーブといえば真っ先に思い浮かぶであろうオリーブオイルではなく、食以外の部分にスポットを当てた内容になっています。
オリーブの木の部分を使ってアート作品を作る「おりーぶ盆栽展~NewNormalとロマン派盆栽~」、オリーブの枝や葉っぱを再利用したオリーブ染めの「オリーブ染め作品展~湘南オリーブ染めの世界~」、湘南オリーブの郷の変遷をたどった写真展「湘南オリーブ写真展~湘南オリーブの郷ヒストリー」の三展が開催されます。

今年はオリーブの枝葉を使ったハーバリウム作りやミラーリースのワークショップが企画されていますので、事前予約をして是非参加したいですね。

以前開催されたオリーブの盆栽教室では、鉢の準備や植え込み、飾りつけまで体験できたようです。
完成したオリーブ盆栽は持ち帰りができ、材料や道具はすべて用意されていたようですが、
今年はコロナの影響があるかもしれませんので、予約の際に確認した方が良いかも知れません。

ワークショップに参加する場合は、汚れてもよい動きやすい服装で参加した方がよさそうです。
肌の弱い人は枝や葉が触れてもいいように、長袖のシャツを着ましょう。
虫よけスプレーや手袋もあると安心です。
万全の準備をしてイベントを存分に楽しみましょう。

食以外をテーマにしていると書きましたが、新油の試食販売会や、オリーブ茶作り体験も開催されますのでそちらもチェックしてみてください。

通販サイトもありますが、現在はオリーブ茶のみの販売のようです。
併設されているショップ「CornuCopiae(コンヌーコピアイ)」で、オリーブ染めの服飾雑貨、オリーブ茶、洋菓子、オリーブ茶、オリーブオイル、鉢植えなどが販売されているので、興味のある方はぜひ立ち寄ってみてください。

まとめ

今年はコロナの影響でイベントがたくさん中止になりました。
ようやく開催できるようになった今、マナーを守って自然を満喫したいものですね。

湘南オリーブの聖地と呼ばれるきっかけとなった農園の景色は、閉塞的な生活から解放してくれる癒しの空間です。
11月のイベントでは、天気がよければ富士山が見えることもあるようです。
紅葉も楽しめるかも知れませんね。
気温や天候の変化が激しい季節なので着脱しやすいフード付きの羽織物があるといいように思います。

悪天候の場合や、農園のコンディションによってイベントが中止になることがあるようなので、チェックしてからお出かけください。
秋の一日が素晴らしい思い出になるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です