旅猫リポート(映画)ネタバレ感想!サトルがナナの飼い主を探す理由が最高に切ない

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

原作は、「図書館戦争」「植物図鑑」など8度も映画化されている有川浩さんによる小説。これまでされ、ほかにも「フリーター、家を買う。」などがドラマ化されてる有川浩さんが原作だから
[prpsay img=”https://shiba-life.com/wp-content/uploads/2018/02/2-1.png” name=”しば犬”]これはもう、面白いは間違いなし![/prpsay] と公開前から期待でいっぱい。

あるどうしようもない事情から、愛猫を手放すことになった心優しい青年が新しい飼い主を探すための旅に出る話なんだけどね。

ラストにはもう、涙ボロボロだったよ。

今回は、目には見えない絆で結ばれた1人と1匹の切なくてあたたかい物語「旅猫リポートについてお伝えしていくよ。

 

ここから登録で2週間無料で体験できる!

今すぐHuluで視聴する
2週間以内に解約で料金は一切かかりません。

「旅猫リポート」の作品紹介


「フリーター、家を買う」や「空飛ぶ広報室」などでおなじみの人気作家・有川浩のベストセラー小説の実写映画化。

監督は「植物図鑑~運命の恋、ひろいました~」の三木康一郎。

福士蒼汰演じる心優しい猫好きの青年・サトルと、高畑充希が声の出演を担当するちょっと気が強めの三毛猫ナナ。

ある事情によって「新しい飼い主を探す旅」をすることになった彼らの、切なくもあたたかいロードムービー。

【公開】2018年10月26日(日本映画)
【脚本】有川浩,平松恵美子
【音楽】コトリンゴ
【監督】三木康一郎

主演の福士蒼汰さんは「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」でも主演を務めているね!
ぼくは明日、昨日のきみとデートする(映画)ネタバレ感想!愛美のラストのセリフが衝撃的! ぼくは明日、昨日のきみとデートする(映画)ネタバレ感想!愛美のラストのセリフが衝撃的!

「旅猫リポート」の登場人物

悟(福士蒼汰)本作の主人公。ナナの飼い主。猫好きの心優しい青年。5年前に交通事故に遭ったナナを助け、その後一緒に生活している。幸せな生活を送っていたが、とある事情によりナナの次の飼い主を探す旅に出る。
ナナ(声の出演:高畑充希)オスの三毛猫で悟の飼い猫。やや気の強いわんぱくな性格。サトルに命を救われたことがきっかけで、一緒に暮らすようになる。サトルと共に次の飼い主探しの旅に出るが、彼の元を離れるつもりは毛頭ない。
法子(竹内結子)悟の叔母。職業は判事。交通事故で他界したサトルの両親に代わって、女で1人彼の親代わりを務めてきた。猫が苦手であったが、サトルとナナと同居するために慣れる努力をする。サトルの出生の秘密に関わっている。

「旅猫リポート」のあらすじ

野良猫のナナは、ある日の晩、交通事故に遭って死にかけていたところを猫好きの青年・サトルに助けられる。

それがきっかけとなり、ナナはサトルの飼い猫になって幸せに暮らしていたが、とある「事情」によって彼らは新しい飼い主を探す旅に出ることになる。

小学生時代の親友。

高校時代の友人夫婦、親代わりとして育ててくれた叔母。

これまでサトルが関わってきた大切な人たちを順番に訪ねていくなかで、サトルの複雑な過去、そして彼が抱える最大の秘密が明らかになっていく。

ここからはネタバレ注意!

実はサトルは重い病(はっきりとした病名は明かされないが、おそらくがん)に侵されていて、余命わずかの状態だった。

自分がこの世を去る前に、信頼できる新しいナナの飼い主を探すべく旅に出たのであった。
最初に訪ねたのは、小学生時代の親友だった幸介。父親が経営していた写真館を継いでいる。

その次に、ペンションを営んでいる杉夫婦。

サトルの高校時代の同級生である。

劇中ではそれぞれの人物たちとの回想シーンが挟まれ、サトルの過去を知ることができる。

結果的に、どちらともナナを引き取らなかった。

サトルは旅の最後である叔母の家に住みながら、ナナと最後の時間を過ごすことに決めたのだった。

物語の最後、サトルは愛するナナと叔母に見守られ天国へと旅立っていった。

サトルの死後から1年、、サトルの友人たちが一周忌で談笑するシーンで物語は幕をとじる。

「旅猫リポート」のみどころ

ほんのり優しい人間ドラマ

「旅猫リポート」っていうほんわかしたタイトルとは裏腹に、なかなかにシリアスな展開が繰り広げられる本作。

一見すると救いがないようにさえ思えてしまうけど、映画全体に漂う穏やかな雰囲気と、美しい景色、そして温かい登場人物たちによってそれそれが打ち消されて、優しくてあたたかい人間ドラマに仕上がっているように思えた。

竹内結子の演技

私がこの映画で一番推したいポイントはサトルの叔母役の竹内結子さん。
とにかく演技が素晴らしい。サトルが息を引き取った後、彼女が涙を流すシーンがあるのだが、その演技がとにかく素晴らしい。

[prpsay img=”https://shiba-life.com/wp-content/uploads/2018/02/1-1.png” name=”しば犬”]「女優さんってすごい…!」とまじまじと感じさせられたね![/prpsay]

ここから登録で2週間無料で体験できる!

今すぐHuluで「旅猫リポート」を視聴する
2週間以内に解約で料金は一切かかりません。

「旅猫リポート」の感想

有川浩さん原作、ということで視聴してみることに。

「フリーター、家を買う。」や「三匹のおっさん」など、好きなドラマはだいたい有川さん原作だったからね。

最初は冗長なシーンの連続に離脱しかけたけど、気づけばすっかり物語に引き込まれていて、終わるころにはボロボロ涙を流していた。

結末はとても悲しいものになってしまうんだけれど、とてもあたたかい気持ちになれる作品だったなぁ。

アマゾンプライムで配信中だから、また見返しちゃうと思う(笑)

唯一いただけなかった点があって、それはナナの心の声を話すという設定。

朝ドラのごちそうさんでおなじみの高畑充希さんがナナの心の声をアフレコしてるんだけど、これが聞いててなんだか妙にむず痒く感じてしまうんだよなぁ。

決して高畑さんが苦手とかそういうのじゃないんだよ。

てかむしろ好きな女優さんなんだけど。

原作は猫の視点で物語が進むらしいから、映像にするとこういう演出がベストなのかもしれないけど、僕個人としては純粋に鳴き声や表情でその辺を表現していただきたかった。

猫にしゃべらせるって、発想が安易すぎない?(笑) あくまで個人の意見だけどね。

総合的に言うと鑑賞後の満足度はかなり高い。

近頃は猟奇殺人とか不倫とかそんなのばかり見ていたんだけど、こういうあたたかいヒューマンドラマが一番心に刺さるんだよね…。

ああ、猫飼いたくなってきちゃったかも…。

「旅猫リポート」をおススメしたい人

普通だと猫好きな人、とか旅好きな人におすすめ!って言いたいところだけど僕はどっちかっていうと最近つらいことがあったり、疲れてる人におすすめしたいなって思う。

この映画、結構ヘビーで辛くなるシーンがあるけど、なぜか「頑張って生きてみようかな」って思えるのよね。(もしかしたら僕だけ?笑)

辛いときにネガティブな歌詞の曲を聴くと逆に楽になるってのと似てるのかも。

あと、涙活で心をデトックスしたい人にもおすすめしとく!

 

ここから登録で2週間無料で体験できる!

今すぐHuluで視聴する
2週間以内に解約で料金は一切かかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です