『アンサング・シンデレラ』第1話ネタバレ感想!病院薬剤師たちの物語!!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で撮影延期となっていた『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜』

緊急事態宣言が明けたことから撮影が再開され、ついに第1話の放送になった。

いくつかの4月期のドラマの中で注目されていたドラマの一つで石原さとみが主演で医療ドラマは、やはり石原さとみが主演だった『N’sあおい』以来14年ぶり!

そして、これまでスポットが当たることがなかった病院薬剤師が主役のドラマということで期待大!!

そんな『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜』第1話のネタバレ感想をお届け!

『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜』第1話

萬津総合病院薬剤部に勤務する葵みどり(石原さとみさん)は8年目の病院薬剤師。

日々、入院患者の投薬状況を確認したり、時には救急で運ばれた患者に投与する薬剤の対応をしたり、病院の薬剤に関するありとあらゆることに対応している。

みどりは、Ⅰ型糖尿病で入院している小児病棟の糖尿病患者の渡辺奈央の血糖値が安定しないことを心配していた。

同室には、奈央と同じ病で入院している森本優花も入退院を繰り返していた。

そんな中、みどりは新人スタッフの相原くるみ(西野七瀬さん)の教育係に。
その最中、産婦人科の林医師の処方箋に疑問を抱いたみどりは林医師に疑義照会を行うが、これが林医師との関係悪化に繋がってしまう…。
アンサング・シンデレラ延期後の放送日が決定!あらすじ見どころを紹介!

『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜』第1話のネタバレあらすじ

葵みどりと相原くるみの出会い

葵みどりは、薬剤部の部長・販田聡子(真矢ミキさん)に新人スタッフの相原くるみを紹介され新人教育係に。

早速、くるみはみどりと一緒に小児病棟の糖尿病患者、奈央と優花の病室に一緒に行ったり、産婦人科で入院中の妊婦の病室に行ったり、と目まぐるしいみどりの動きについていくのがやっと。

初めは戸惑うばかりのくるみだったけど、みどりの患者を思う気持ちに触れるうちに、自分自身にも熱い気持ちがふつふつと湧き上がってくる。

葵みどりと瀬野章吾の師弟関係

萬津総合病院薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭さん)は新人の葵みどりをずっと教育してきた。

一見、冷たそうに見えて、実はみどりの患者を思う強い気持ちや薬剤師としての能力を認めてる。

みどりが産婦人科の林医師との因縁から、医療安全委員会の議題にされてつるし上げを食らった時も「解雇でいい。」と衝撃的なことを言い放っておきながら、販田部長に林医師の弱みを教えたりしてカッコ良い!

小児病棟の糖尿病患者、奈央と優花の孤独と友情

奈央はインスリン注射を打っているはずなのに血糖値が安定しない。

実は、奈央は学校でインスリン注射を打っているのを友達に見られ、友達にそれを指摘されてから友達の輪に入っていけなくなった。

だから、インスリン注射を決められた時間に打たず、血糖値を安定させないようにして入院を長引かせようとしていた。

奈央を責める奈央の母親に優花は言う。

「私たちの孤独は分からない。」と。

その後、奈央は血糖値が安定して優花より先に退院していく。

みどりは残された優花に、「ちゃんと、この薬と向き合って欲しいの。」と伝える。

優花は奈央を追いかけて、いつか病院ではなく、普通に友達として外で会うことを約束する。

感謝されないはずの病院薬剤師が感謝される時

林医師との関係悪化に繋がった妊婦は無事に赤ちゃんを出産。

容態が急変した時に林医師よりも先に駆けつけたみどりをこの時対応していた研修医は尊敬していた。

そして、妊婦を救ったのはみどりであることを妊婦に伝え、みどりは妊婦から直接感謝される。

みどりは泣きながら、赤ちゃんの手を握り。。。

感極まって、涙は後から後から流れていくのだった。

『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜』の見どころと感想

冒頭からテンポが早く、様々なキャラクターが絡み合っていた第1話。

それぞれのキャラクターも個性的で、実は薬剤部内はそれぞれ独立しているようでお互いを支え合っている、という関係性がとても良い!

特に、田中圭さんが演じている瀬野が良い!最近の田中圭さんからすると、硬派な役柄で、一見冷たそうだけれど誰よりもみどりのことを認めていて支えている。

また、薬剤部部長の真矢ミキさん演じる販田部長もキャラクターが楽しい(笑)。くるみが何か疑問を漏らすと「分かる〜!」と言って、絶対分かっていないのに分かっているふりをするのがあまりにも軽くて面白い(笑)。

その他にも、でんでんさんや池田鉄洋さんなどの濃い登場人物もこれからどんな形でみどりに関わってくるのかワクワクする見せ方だった。

そして、このドラマの醍醐味でもある薬剤師たちが日々薬剤と向き合って奮闘している姿がとても感動的!

エンドロールは、小児糖尿病患者の奈央と優花の人生が綴られていて、奈央や優花が友達の前でインスリン注射を打ち楽しく人生を生きている姿を観られる。。。

最後は約束通り奈央と優花は公園で再会!

こういうエンドロールもとても斬新!

今後も、ゲストの人生を追うエンドロールになるのか、次回も楽しみに待ちたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です