アンサング・シンデレラ第5話ネタバレ感想!余命わずかの患者と家族に向き合うみどり…

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

病院薬剤師という職種にフォーカスをあてる新たな医療ドラマとして話題の『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜』。

今回は、これまでのストーリーで初めて前回からの続きが描かれた。

中華料理屋・娘娘亭の辰川の家族の物語である。

毎回、毎回、違ったテーマで楽しませてくれる『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜』だけど、今回は余命わずかの患者とその家族のケアという重いテーマ。

いつかどういった形になるかは分からないとしても、自分たちも向き合わなければならないテーマだなあと思う。

そんな第5話のネタバレ感想をお届け!

『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜』第4話の振り返り

第4話では萬津総合病院薬剤部のムードメーカー・羽倉龍之介(井ノ脇海さん)とその父親との確執と雪解け。

そして、今回のストーリーに繋がる中華料理屋・娘娘亭の辰川の父親・太一(伊武雅刀さん)の余命宣告の行方、それに向き合う孫の樹里の葛藤(久保田紗友さん)が描かれた。

特にクライマックスの樹里の祖父や父、家族の行く末を思うが故の慟哭は観ていて胸が打たれたよね。

今回は、その辰川の家族のその先が描かれているんだ。

前回のお話はこちら
『アンサング・シンデレラ』第4話ネタバレ感想!みどりと小野塚の関係も気になる!?

『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜』第5話のネタバレあらすじ

みどりと秀三のバッティングセンターでの語らい

前回のクライマックスで胃がんのステージⅣの末期がんである太一は容態が急変したが、処置が早かったため、しばらくして一般病棟に戻ることができた。

秀三は、太一の死が近いことを否が応でも意識することになり、本当にこのままで良いのか悩んでいた。

そんな中、秀三はバッティングセンターでみどりと偶然出会い、子どもの頃に太一と野球を観に行ったことを話す。

みどりは秀三の話を聞きながら、死を迎える家族を持つ家族もまたその痛みを抱えていることやこのまま罪悪感を持ちながら接するのは辛いことを話す。

秀三は樹里がそうだと理解するけど、秀三もまたそうだとみどり。

秀三はどうすれば良いのか、とポツリと漏らし、それに対し、みどりは常連の薬剤師に相談してみては、と言うのだった。

辰川家族が告知を受ける

秀三は樹里に太一に告知をして抗がん剤治療を受けてもらうことを決めた、と樹里に話す。

今後、大変かもしれないが良いか、と聞く秀三に頷く樹里。

そして、太一は秀三、樹里とともに、担当医から胃カメラ画像やCT画像を見せてもらい、胃がんのステージⅣであり治療しなければ余命は3ヶ月と告知を受ける。

ただ、抗がん剤投与をする方法があることを伝えられると、太一はそれを必要ない、と断る。

けれど、樹里は泣きながら太一に言うのだ。

「おじいちゃんの決めたことは応援したいと思っていたけど、3ヶ月って…やだよ…。」と。

3人は家族で話し合い、太一は抗がん剤治療を受けることに決めた。

治験の提案をしてきた七尾薬剤部副部長とみどりの衝突

抗がん剤が効いて、太一の体調も安定している中、薬剤部副部長の七尾(池田鉄洋さん)が治験の提案をしてきた。

みどりは、担当医に意見を聞かれて、すぐに反対する。

今の辰川家族に『治験』という言葉は強すぎる、と。

それを聞いて、担当医は今の薬のまま続けることにする。

しかし、面目をつぶされた七尾は、みどりに対して「後悔しなければ良いが。」と不穏な一言を残していく。

娘娘亭で秀三に期待を持たせるようなことを言ったくるみを叱るみどり

みどりとともに辰川家族と関わるようになった新人薬剤師のくるみ(西野七瀬さん)は妙にやる気を出すようになっていた。

そんな中で、仕事終わりに娘娘亭に来たみどり、くるみ、瀬野。

くるみは、秀三に抗がん剤のオプジーボの臨床論文を見せて、秀三に期待を持たせるようなことを話す。

それを聞いたみどりはくるみを外に連れ出し、くるみが持ってきた論文は胃がん患者は臨床試験に組み込まれていないことを伝える。

くるみは希望を持たせたかったことをみどりに話すがみどりは言う。

「希望を与えるなら責任を取らないといけない。」と。

瀬野はこうなることを見据えていて、くるみは一生懸命なだけだから少し大目に見てやれ、と言う。

くるみに伝えたことは以前瀬野がみどりに言ったことで、みどりはそれを恨みがましそうに伝えるのだった。

太一の最期までの家族との日々

樹里は太一とやりたいことリストを作り、入院中から実行していく。

『おじいちゃんと散歩』『鬼平犯科帳を一緒に読む』『星空を一緒に見る』…残り少ない日々を楽しい日々にするよう家族一丸で過ごしていく。

そして、ついに太一は退院の日を迎え、明日は野球観戦に行くことになっていたが、当日、高熱を出して救急搬送されるのだった。

太一は腹水が溜まっており、見るからに弱っている。

その姿を見たくるみは動揺してしまう。

それを注意するみどり。

太一はいよいよ自分に死期が迫っていることを悟り、みどりに次に何かあったら延命はしないで欲しい、と訴える。

「最期にどう生きるかは自分で決めたい。」と。

太一は抗がん剤治療をやめ、医療用麻薬を用いて痛みを取り除く緩和ケアに移行することになった。

そして、太一の最期の願い、『野球観戦をすること』『チャーハン、ぎょうざを食べ紹興酒を飲む』という願いを薬剤部全員で協力して叶えてあげるのだった。

『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜』見どころと感想

今回は、余命わずかの患者に対してどう向き合っていくのか、病院薬剤師として何ができるのか、ということがテーマだった。

このテーマは自分自身にも、自分の家族にも通じるテーマで他人事には思えないテーマだったよね。

抗がん剤治療をしたとしても、少し延命できるだけであることを分かっていて、その時間をどのように過ごしていくか、ということにポイントが当てられていたけれど、ラスト、太一から野球ボールをもらったみどりが慟哭する姿があるように、本当は誰よりもみどりは太一を救いたかったし、救えない悔しさが表れていたよね。

今回のラスト、樹里と背中合わせでみどりは自分が薬剤師になった経緯を話すんだ。

病気の妹がいたこと、その時の薬剤師に救われたことを樹里に話すシーンは胸に迫るものがあった。

今回の話を通して、人が亡くなることは避けられないけれど、亡くなるまでにどう生きたのか、それが大切なんだ、ということを改めて感じることができたように思う。

『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋』第5話の見逃し配信は?




ドラマ「アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋」の無料動画・見逃し配信を視聴する方法は、FODプレミアムがおすすめ!

登録・解約の詳しい説明はこちら
⇒「FODプレミアムとは?2週間無料お試し登録のやり方と解約方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です