アンサング・シンデレラ第6話のネタバレ感想!薬が効かない謎を追え!?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

病院の薬剤師たちの活躍を描く、これまでの医療ドラマには視点の『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜』。

毎話、毎話、薬に関する身近な問題を扱っている本作は、これまでの医療ドラマより、より僕たちにとって身近で共感しやすいテーマで作られているのが特徴。

また、身近なテーマであるのにも関わらず、これまで薬剤師が実際どんな仕事をしているかもよく分からなかったが、このドラマを観ることで、より深く知ることができるのが良い。

そんな『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜』第6話のあらすじとネタバレ感想をお届け!!

『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜』第5話の振り返り

前回は、葵みどり(石原さとみさん)たちの行きつけの中華料理屋・娘娘亭の辰川父娘と祖父の家族の物語が描かれた。

辰川秀三と樹里の父娘の関係、末期がんを患う祖父の太一への真実告知の問題、そして、病気が進行していく太一を看取るまでの日々が印象的に進んだ。

一に真実告知をして、樹里は太一とやりたいことを決めて、一つ一つやっていく。秀三や萬津総合病院薬剤部の面々や地域の薬剤師たちも巻き込み、その日がくるまでなるべく明るく楽しく過ごす。

そして、太一の最期の日、樹里や秀三はできる限りのことをやったこともあり、泣きながらも充実した思いで見送ることができる。

ただ、みどりは人一倍太一を助けてあげたいという思いを胸に秘めており、亡くなった太一への思いで慟哭する姿が描かれた。

前回のお話はこちら
アンサング・シンデレラ第5話ネタバレ感想!余命わずかの患者と家族に向き合うみどり…

『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋〜』第6話のネタバレあらすじ

地域の服薬指導教室で偶然出会った小川早苗

みどりとくるみ(西野七瀬さん)はドラッグストアの薬剤師・小野塚(成田凌さん)たちとともに、地域の服薬指導教室を行う。

地域のおじいちゃん、おばあちゃんと世間話をしながら教室は順調に進み無事に終了。

会場から帰ろうとして、今回の第1の患者・小川早苗(高林由紀子さん)が倒れたところに遭遇する。

萬津総合病院に運ばれた小川早苗は、38℃の高熱、腹痛、下痢などの複数の症状があるため、そのまま入院となった。

みどりは、服用している薬はあるかを早苗に聞くが、早苗は服用している薬はない、と答える。

早苗には整腸剤などが処方されていたが、一向に病状が改善しない。

そのうち多剤耐性菌が原因ではないか、という話になり、早苗が地域でかかりつけにしている長崎医院の長崎医師に話を聞きに行く。

その結果、早苗が多剤耐性菌で容態が悪くなったのではなく、必要のない抗生剤の服用によって起きたクロストリジウム腸炎という病気が原因だったことが分かる。

みどりは、長崎医師が片手間に薬を処方したと思い、早苗に話をするが、そうではなかった。

早苗は家族もなく、友人もおらず、一人、孤独な生活を送っていた。

そんなとき、通院した長崎医院の長崎医師が時間をかけて話を聞いてくれたこと、その時、処方してもらった薬が自分の孤独を癒してくれていると感じるようになったと言う。

長崎医師は薬は必要ないと早苗に伝えたのだが、早苗が強引に処方してもらったというのが真相だった。

早苗が退院の日、長崎医師は迎えに来てくれて、これからも何かあれば言ってきて欲しい、そして病院の薬剤師も頼ると良い、と話す。

月経困難症に悩む遠野倫

くるみが初めて服薬指導を行うことになった月経困難症に悩む患者・遠野倫(山谷花純さん)。

月経困難症に悩む彼女には低容量ピルが処方されたため、くるみは服用の仕方などを伝えていた。そして、何か困ったら連絡してきて欲しい、と伝える。

前回、辰川太一を見送ったことで、くるみにもやる気が芽生え、倫への服薬指導も自分がしっかりやらなければ、という思いだった。

ある日、倫からくるみ宛てに連絡があって、ピルが効かない、と言われる。

くるみはどう答えたら良いか分からず、「自分の一存では答えられない。」というテンプレな反応を返してしまい倫をがっかりさせてしまう。

くるみは倫を何とかしてあげたいと思い、くるみなりに調べて、倫がサプリメントを飲んでいることを突き止め、それが服用しているピルの効果を妨げていることや不規則な生活をしていることが原因だと考える。

倫に再び服薬指導をすることになったくるみは、不規則な生活を改善すること、サプリメントとの飲み合わせなどを倫に伝えていく。

倫は親身になって服薬を指導してくれるくるみを信頼するようになるのだった。

桜井ユキさん演じる刈谷奈緒子が病院薬剤師になった理由

患者に対して、一見、冷たくも見える薬剤師の刈谷奈緒子の知られざる過去も明かされる。

刈谷奈緒子はかつて地域のドラッグストアの薬剤師だった。

今もそうであるが、優秀な薬剤師であり、間もなく副店長かと言われるほどの幹部候補生だった。

患者の信頼も厚かった彼女は、ある患者に処方され続けていた薬の量に疑問を感じながらも、その薬を処方し続けてしまった。

結果、その患者は薬に副作用から倒れてしまったのだった。

患者も店長も刈谷を責めることはなかったが、刈谷はドラッグストアを辞め、『患者を喜ばせるために薬を処方しても患者は救われない。』ことに気づき、今は、正しい薬をはっきりと伝えて処方しているのだった。

『アンサング・シンデレラ〜病院薬剤師の処方箋』見どころと感想

今回は、2人の患者のストーリーを通じて、薬とはどうあるべきか、というテーマが描かれていたよね。

確かに、薬は便利だし、体調が悪い時にはつい薬を出してもらいたくなってしまう。

けれど、薬は闇雲に服用して良いものではないし、ましてや今回の患者の小川早苗のように孤独を埋めるために服用して良いものではないんだよね。

ドラマの中で、みどりが「薬は飲まなくて良くなるために飲むもの。」といったセリフがあるけど、これは本当にそうだな、とグッときた。

この言葉は退院する早苗に言うのだけど、この言葉を早苗の背景も理解した上で言えるのがみどりのすごいところだよね!

そして、今回のもう一人の主役だったくるみ。

前回の辰川太一の経験を経て、薬剤師としてのやる気が出るようになったくるみが傷ついたり悩んだりしながら、もう一人の患者の倫に寄り添って解決方法を導き出したのにも感動したな。

そして、刈谷奈緒子の知られざる過去もまた刈谷奈緒子がどうしてあそこまで割り切って患者に接するのかが良く分かる描写だった。

前々回、前回とエンディングは現在進行形だったけれど、今回は、元のエンディングのタイプに戻って、早苗と倫が明るい生活を送っている様子が見られたのが本当に良かった!!

ドラマも6話を過ぎて、これからの展開がますます楽しみだよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です