お歳暮を渡す時期はいつがいい?直接渡すときのマナーは?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

年越しをする前に忘れてはいけないのがお歳暮だよね。

でも、いざお歳暮の時期が近づいてくるとお歳暮はいつ渡すのが正しいのかとか、渡すときってマナーってあるのかなとか、お歳暮について知ってるようで知らないことがいっぱいあると思うんだ。

特に取引先などに失礼な渡し方をしてしまうと今後の仕事にも支障がでてしまうから、マナーを守ってお歳暮を渡したいよね。

そんな日本人にとって大切なお歳暮について渡す時期やマナー、お歳暮の相場などについて詳しく説明していくよ。

お歳暮を渡す時期はいつからいつまで?

お歳暮を渡す時期について正しい時期を教えていくね。

お歳暮を渡す時期は12月13日~12月20日までの間がベスト!

どうして12月13日~12月20日なのかというと、12月13日は「正月事始め」といわれていて、どの家庭も正月の準備に入るんだ。

そして、12月20日以降になると正月の準備だけでなく年越しの準備もあって忙しくなってしまうよ

だから、年末の準備で忙しくなる前の12月13日~12月20日の間が一番ベストな時期なんだ。

また、地域によってお歳暮を渡す時期がちょっとだけ違うけど、さっき説明したように12月20日以降は正月と年越しの準備でバタバタしているから、地域とか関係なく12月13日~12月20日の間にお歳暮を渡すのがいいね

確かに年末でバタバタしているときにお歳暮を渡されてもゆっくり見る時間がないし、最悪の場合忙しくてお歳暮をもらっていたのを忘れていたなんてことにもなりそうだよね。

お歳暮を渡すときは相手が年末の準備でバタバタしてしまう前に渡すようにしよう。

お歳暮を直接渡すときのマナーは?

お歳暮を渡すときのマナーってとっても大切なんだ!

お歳暮を渡すときのマナーって意外と知らない人が多いから、初めてお歳暮を渡す人やまだお歳暮を渡したことがない人たちのために、お歳暮を渡すときの正しいマナーを解説していくよ。

相手の予定を確認する

お歳暮を渡すより先に、相手にお歳暮を受け取れる日や時間を確認しよう!

相手が忙しいときにお歳暮を渡されると迷惑になっちゃうから、事前に相手の予定を確認しておこう。

どうしても直接お歳暮を渡せないってときは、郵送でお歳暮を送っても迷惑じゃないか確認して、日時を指定してきたらその通りに届くようにしっかりと手配しておこうね♪

消費期限が近いものは正月の直前に渡す

生肉や海鮮など消費期限が近く腐りやすいものは正月直前に渡すのが良いでしょう。

さっきお歳暮は12月13日~12月20日までに渡すのが良いって説明したけど、消費期限が近いものは別だよ!

相手が食べるときに腐っているなんてことがないように消費期限が近いものを渡すときは正月直前に渡してあげようね。

また、正月はどこの家庭も食べ物をいっぱい買い込んだり、おせちの材料を買っているから冷蔵庫がいっぱいだよね。

だから、事前に生ものを送っても大丈夫か確認しておこうね。

食べられない物を確認する

人によっては嫌いな食べ物やアレルギーなどで食べられない物があるよね。

食べられない物をお歳暮でもらっても相手にとっては迷惑になってしまうから、きちんと相手の食べられない物を聞いておこう!

また、相手が喜ぶお歳暮を渡すためにも相手の好きな食べ物を一生に聞いておくといいよ♪

きちんと相手が喜ぶ食べ物を渡してあげよう!

 

のし紙を忘れない

お歳暮で忘れてはいけないのがのし紙なんだ!

のし紙は白い紙に紅白の蝶々結びに熨斗がデザインされているのがお歳暮用だよ。

デザインによって意味が全く違うから間違えないように気をつけてね!

のし紙の蝶々結びの上に『御歳暮』と書いて、蝶々結びの下に『御歳暮』の文字より少しだけ小さめに相手の名前を書くのが正しい書き方だよ!

のし紙はお歳暮になくてはならない大切なものだから忘れないようにしてね。

 

相手が迷惑にならないで喜んでお歳暮をもらってくれるように、相手の予定や食べられない物をしっかりと確認しておこうね!

お歳暮の相場は?

お歳暮の相場だけど、3,000円~5,000円といわれているよ!

もちろん、感謝の気持ちとして値段がもっと高いお歳暮を渡すのもいいんだけど、値段が高すぎるお歳暮を渡しちゃうと相手が気をつかってしまう場合もあるよ。

だから、値段が高すぎるお歳暮を渡すのはやめましょう!

反対に値段が安いお歳暮を渡しちゃうと相手に失礼になってしまうから、値段が安すぎるお歳暮はやめようね。

まとめ

親戚や取引先などに感謝の気持ちとして渡すお歳暮は、年末の準備でバタバタする前の12月13日~12月20日の間に渡すようにしよう!

また、お歳暮を渡すときは相手の予定や食べられない物を事前に確認して、紅白の蝶々結びに熨斗がデザインされているのし紙を使用するのがお歳暮を渡すときのマナーだよ。

あとお歳暮の相場だけど、もらった人が値段を気にしないようにするためにも3,000円~5,000円くらいのお歳暮を渡そう。

お歳暮は感謝の気持ちとして渡す大切なものだからこそ、きちんとマナーを守って相場の値段のものを渡して相手に喜んでもらってね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です